ニュース > 新型コロナ対応支援サイト公開 / ジョンズ・ホプキンス大学のダッシュボード作成の裏側

ニュース

新型コロナ対応支援サイト公開 / ジョンズ・ホプキンス大学のダッシュボード作成の裏側

 

╋╋・‥… 目次 …‥・╋╋
お知らせ
活用事例紹介
今月の地図
ArcGIS ブログのご紹介
クイズ!GIS 用語
ESRI ジャパン便り
━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

┏……………………………………………………………………┓
  お知らせ
┗……………………………………………………………………┛

新型コロナウイルス対応支援サイトを公開しました

新型コロナウイルスへの対応を支援するための国内・世界の感染状況に関する情報、データ、対応支援パッケージを提供する Web サイト「新型コロナウイルス対応支援サイト」を立ち上げました。

詳細はこちら

 

地図を活用したリスクマネジメントセミナー

5 月 21 日(木)に、新型コロナウイルスに対する GIS を活用した取組み、リスクに備える為の活用法をご紹介するオンラインセミナーを開催します。

ゲストスピーカーとして、国内で一早く感染状況の視覚化・公開を行った、ジャッグジャパン株式会社 代表取締役の大濱﨑 卓真 氏にご登壇いただき、今回の活動についてご講演いただきます。

また、ESRI ジャパンより、サプライチェーンのリスク管理や消費動向の変化の可視化について、デモンストレーションを中心にご紹介します。

4 月 22 日開催のセミナーからの更新情報に加えて、以下の新規トピックをご紹介します。
・新型コロナウイルス感染者数マップの作り方(ジャッグジャパン)
・ArcGIS を活用したリスクマネジメントソリューションのご紹介(ESRI ジャパン)

詳細はこちら

 

地図を活用したリスクマネジメントセミナー(4/22 開催)録画公開

4 月 22 日に開催しました地図を活用したリスクマネジメントセミナーの録画映像を期間限定で公開いたしました。
ご参加いただけないかった方はこの機会にお申し込みください。

詳細はこちら

 

第 16 回 GIS コミュニティフォーラムの中止について

5 月の開催を予定しておりました第 16 回 GIS コミュニティフォーラムは、新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受けまして、参加者および関係者の皆様の健康・安全面を第一に考え、中止させていただくことにいたしました。

詳細はこちら

 

「自宅で学ぼう GIS」のご案内

在宅勤務や自宅待機の方向けに「自宅で学ぼう GIS」を公開しました。
これから GIS を学びたい方から、すでにご利用の方まで、幅広く活用できるコンテンツを用意したリンクサイトとなっています。

動画やチュートリアル、活用事例など多くのメニューをご用意しています。
この機会に、ご自宅で GIS を勉強されてはいかがでしょうか。

詳細はこちら
(トップページのバナーをクリック)

 

第 1 回ストーリーマップコンテスト 2019 入賞作品

SDGs をテーマに開催した国内初となるストーリーマップコンテストの結果を発表します。
ゴミ問題や買い物弱者等、現在私たちが直面するさまざまな課題を取り上げた作品の応募がありました。是非ご覧ください。

詳細はこちら

 

農林水産省「デジタル地図」を活用した農地情報の管理に関する検討会への参画について

ESRI ジャパンは、農林水産省が 2019 年 11 月より開催した「「デジタル地図」を活用した農地情報の管理に関する検討会」において構成員として参画しました。

詳細はこちら

 

ArcGIS Online がバージョンアップ

4 月 1 日に、クラウド GIS である ArcGIS Online の最新バージョンをリリースしました。

詳細はこちら

 

Drone2Map for ArcGIS が Ver.2.1 にバージョンアップ

4 月 8 日に、Drone2Map for ArcGIS のバージョン 2.1 をリリースしました。

詳細はこちら

┏……………………………………………………………………┓
  活用事例紹介
┗……………………………………………………………………┛

◆【中部電力株式会社】
送電設備の巡視点検業務における効率化を目指して

◆【新潟県 長岡市】
統合型 GIS のポータル導入による職員の大幅な活用促進で EBPM を目指す

◆【放送大学】
ArcGIS Online を活用した「オンライン授業(GIS 演習)」を開講

 

┏……………………………………………………………………┓
  今月の地図
┗……………………………………………………………………┛

本メールでご紹介しました「新型コロナウイルス対応支援サイト」ですが、国内のユーザー様が作成したマップやアプリも掲載されているのはご覧になりましたか?
その中から 2 つをご紹介します。

新型コロナウイルスにも負けずに頑張る事業者マップ

北海道 室蘭市では、売り上げ減少を食い止める工夫としてテイクアウトメニューに取り組む飲食店や小売店等の情報を公開しています。

北海道室蘭市

新型コロナウイルスの影響による子どもの生活と遊び状況調査

「こども環境学会・こども環境研究会北海道」の有志による Survey123 for ArcGIS を使用した調査活動です。中学生以下のお子様がいらっしゃる方は、ぜひ回答してみてください。

┏……………………………………………………………………┓
  ArcGIS ブログのご紹介
┗……………………………………………………………………┛

◆ 最近掲載した記事をご紹介します

 

┏……………………………………………………………………┓
  クイズ!GIS 用語
┗……………………………………………………………………┛

【問題】近年普及しているドローン。ArcGIS でもドローンで撮影された画像を取り込んで分析することができます。この「ドローン」ですが、ある生物を意味する英単語から由来しています。さて、その生物とは?

解答はこちらに記載がございます。

 

┏……………………………………………………………………┓
  ESRIジャパン便り
┗……………………………………………………………………┛

新型コロナウイルスの感染状況を確認できるマップの提供元として国内でも一躍有名となった米国ジョンズ・ホプキンス大学。

同大学が作成するダッシュボードは毎日 10 億以上ものアクセスがあるそうですが、その裏側はどのようになっているのでしょうか。
運用体制やデータの収集方法をご紹介します。

ジョンズ・ホプキンス大学の新型コロナウイルス感染状況ダッシュボード作成の裏側

 

 クイズの解答:「雄バチ」

掲載種別

掲載日

  • 2020年4月24日

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る