Insights for ArcGIS

直感的な操作性とデータの可視化・空間分析機能を備えた
ArcGIS の新しい Web アプリ

特長

自社データと GIS データを活用して、新しいデータ・ディスカバリーを体験

Insights for ArcGIS は、非空間 / 空間データを直感的な操作でデータを可視化し、空間分析をすばやく実行することができます。

豊富なグラフ、マップでの可視化に加え、空間分析機能を活用することで、属性的および空間的な視点で、データが持つ特徴を最大限に導きだし、組織内に新しい Insights(洞察)を共有することができます。

ドラッグ & ドロップを採用した直感的な操作性

可視化したい項目をドラッグ & ドロップの簡単な操作でマップやグラフに可視化したり、空間分析を実行できます。このように直感的な操作を積極的に採用することで、データが持つ属性的かつ空間的な特徴を自由にすばやく掘り下げることができるように設計されています。

豊富な可視化・空間分析機能

データから価値を見出すには、さまざまな視点からデータを眺める必要があります。Insights for ArcGIS に備わっている豊富な機能で可視化を行い、カード(グラフやマップで可視化した個々のビジュアライゼーション)同士を連動させることで、空間的あるいは属性的な関連性を発見することができます。さらに、マップを使った空間フィルターや空間集約機能、到達圏の描画などさまざまな空間分析機能で、より高度な空間的特徴をデータから見出すことができます。

優れた共有機能

さまざまな手順で可視化・分析した結果を他のユーザーと共有することはもちろん、結果に至るまでの分析フローも同時に保存することができるため、結果だけでなく分析手順も記録・共有し、他の分析に再利用することができます。

位置情報を付与したデータは、ArcGIS の GIS Web サービスとして共有することもできるため、ArcGIS Pro などのアプリケーションで有効活用することも可能です。

動作環境

本製品は、ArcGIS Online または ArcGIS Enteprirse ポータル(Portal for ArcGIS)で利用することができるプレミアム アプリケーションです。

Insights for ArcGIS (ArcGIS Online 版)

バージョンについて

Insights for ArcGIS (ArcGIS Online 版) は、常に最新バージョンの利用になります。

ブラウザー
  • Internet Explorer(バージョン 11 以降)
  • Edge
  • Chrome(バージョン 10 以降)
  • Firefox(バージョン 10 以降)
  • Safari(macOS)
  • Safari(iOS、タブレットのみ)

Insights for ArcGIS (ArcGIS Enterprise 版)

バージョンについて

国内サポート対象バージョンは 3.1 です。

ライフサイクルポリシーについてこちらをご参照ください。

ArcGIS Enterprise
  • ArcGIS Enteprirse 10.5.1 以降

インストールの前提条件はこちら


データベース接続

Insights for ArcGIS(ArcGIS Enterprise 版)では、SQL Server, Oracle などへのデータベース接続を利用し、組織で管理・蓄積されたデータを参照することが可能です。

接続可能なデータベース一覧はこちらをご参照ください。

国内検証済み(認定済み)データベース※

  • SQL Server 2012, 2014、2016, 2017(Linux は除く)
  • Oracle 11g R2 (64 ビット) 11.2.0.4, 12c R1 (64 ビット) 12.1.0.2, 12C R2(64 ビット)12.2.0.1
  • Azure SQL Database

※国内認定済みデータベース以外の接続可能なデータベースもお使いいただけますが、国内サポート対象外となります。

※こちらは随時更新する予定です。


ブラウザー

Insights for ArcGIS (ArcGIS Online 版) と同じです。

トライアル

Insights for ArcGIS を 21 日間無料で利用できるトライアルをご用意しています。お手持ちのエクセルおよび CSV データと ArcGIS Online のさまざまな GIS コンテンツを活用して、 他の製品にはない簡単操作で分析が可能な Insight for ArcGIS を体験していただけます。合わせてチュートリアルもご用意しております。ぜひお試しください。

ライセンス・価格

ライセンスについて

ArcGIS Online 版をご利用の方はユーザー タイプ「Creator」または「GIS Professional」、ArcGIS Enterprise 版をご利用の方は指定ユーザー レベル 2 に 本製品のライセンスを割り当てる必要があります。本製品で分析を行うユーザー分のライセンスをご購入ください。

組織内に共有された分析結果は、本製品のライセンスを保有していない他のユーザーも参照することが可能です。


価格について

下記のお問い合せからご連絡ください。

ArcGIS Online のクレジットの消費について

Insights for ArcGIS(ArcGIS Online 版)の一部機能では、ArcGIS Online のサービス クレジットを消費する機能があります。詳細についてはこちらをご参照ください

Insights for ArcGIS(ArcGIS Enterprise 版)においても、ArcGIS Enteprirse で ArcGIS Online の各種サービスを利用するように構成した場合は、関連付けた ArcGIS Online 組織サイトのクレジットを消費します。

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

03-3222-3941

受付時間 9:00 – 17:00
(土日祝日、弊社指定休業日を除く)

ご購入前のデモ、導入・活用方法に関するご相談など

FAQ

表示/非表示

ライセンス

指定ユーザー レベル 1 のユーザーで分析できますか?

いいえ。指定ユーザーレベル 2 のユーザーでかつ Insights for ArcGIS ライセンスが適用されたユーザーが Insights for ArcGIS で分析を行うことができます。

Insights for ArcGIS のライセンスについて教えてください。

Insights for ArcGIS は ArcGIS Online あるいは、 ArcGIS Enterprise で動作する有償の Web アプリケーションです。

どちらかのプラットフォームおよび、利用ユーザー数分の Insights のライセンスが必要です。(レベル 2 指定ユーザーが Insights で分析することができます。)

価格については、お問い合わせください

機能

データベースに接続して利用することはできますか?

Insights for ArcGIS(ArcGIS Enterprise 版)でのみ、データベース接続によりデータを取得することができます。

空間分析にはどのような機能がありますか?

Insights for ArcGIS で実行可能な空間分析機能は以下の通りです。

  • 空間集約
  • 空間フィルター
  • 到達圏やバッファーの作成
  • 最寄りの検索
  • 密度分析
  • データの情報付加

詳細はこちらをご参照ください。

クレジット

クレジットは消費されますか?

Insights for ArcGIS(ArcGIS Online 版)では、下記の分析機能でクレジットが消費されます。

クレジットを消費する機能についてはこちらをご参照ください。

Insights for ArcGIS(ArcGIS Enterprise 版)では Portal for ArcGIS のユーティリティサービスの構成 で Esri が提供するサービスを利用するように構成すると上記の ArcGIS Online 版と同様のサービスクレジットが消費します。

製品仕様

分析結果を共有できますか?

分析結果のページや分析フロー(モデル)を他のユーザーと共有することができます。

共有されたページは以下の内容が可能です。

  • グラフの各要素を選択
  • マップでの単一フィーチャの選択、凡例による表示の切り替え、ポップアップによるフィーチャの情報を確認
Insights for ArcGIS でデータの編集はできますか?

いいえ、編集することはできません。追加したデータは参照のみです。

ただし、ワークブック内では、新規フィールドを追加することができます。

使用方法

Insights for ArcGIS の表示言語を切り替えるには、どうすればよいですか?

Insights for ArcGIS は、ブラウザー言語に応じて表示が変更されます。

ご利用のブラウザーの言語を変更した後に、Insights for ArcGIS にアクセスしてください。

[ 回帰モデルの作成 ] ツールで正しくデータセットを作成するには

一部言語表示(日本語も含む)で、”回帰モデルの作成” ツールを実行して得られるデータセットが正しく作成されません。

[回帰モデルの作成] ツールの実行後、回帰モデルも同時に作成されます(データウィンドウ内の “fx” と表示されたデータセット)。その回帰モデルを活用することで正しい結果を得ることができます。

操作についてはビデオをご参照ください

これで、”回帰モデルの作成”ツールで本来作成されるデータセットを再現することができます。

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.