事例 > 保健医療GIS

活用法

保健医療GIS

 

疫学や医療統計学、訪問介護の分野でArcGISによって感染症対策や生活習慣病の予防対策などの様々な分析が行えます。

活用方法

感染症発生分布状況分析

新型インフルエンザなどの感染症発生分布状況を時系列解析し、感染症対策に利用が可能です。

医療統計

様々な統計情報の可視化を行い、生活習慣病などの予防対策に利用できます。

診療圏分析

患者や病院施設情報の可視化、管理を行い、より効率的な訪問看護へ導くことができます。

活用事例

保健医療GISの研究・教育の国際的な拠点に向けて

保健医療GISの研究・教育の国際的な拠点に向けて

保健医療分野のGIS研究・教育の国際な拠点に向けて、圏内外の数多くのプロジェクトをArcGISを用いて遂行し、保健医療の発展に貢献しました。
(詳細を見る)

地域医療および救急医療における課題の把握・分析と見える化

地域医療および救急医療における課題の把握・分析と可視化

地域医療および救急医療における課題の把握・分析と可視化を実現しました。対象医療圏の救急医療への利便性の評価にArcGISを活用できます。
(詳細を見る)

地理情報から居住環境と生活習慣病の関係性を紐解く

地理情報から居住環境と生活習慣病の関係性を紐解く

ArcGISを活用して道路ネットワークに基づく人口密集地と分析対象者の距離を算出し、住民の生活習慣を踏まえて高血圧症のリスクを検討しました。

(詳細を見る)

診療圏分析

診療圏分析

レセプトデータ情報を基に、外来患者の来院動向、科目別の分布、地域格差など、自院のエリア動向を可視化することにより、地域戦略への活用が期待できます。

(詳細を見る)

関連リンク

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2016年3月18日

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る