製品 > ArcGIS Business Analyst Web and Mobile Apps > 新着情報

ArcGIS Business Analyst Web and Mobile Apps

新着情報

新着

2021 年 6 月 30 日:ArcGIS Business Analyst のライセンス体系の変更 および ArcGIS Business Analyst Web and Mobile Apps 9.2 リリース

ArcGIS Business Analyst のライセンス体系の変更

ArcGIS Business Analyst Web and Mobile Apps 9.2 のリリースに伴い、ArcGIS Business Analyst Web App が利用できる機能に応じてAdvanced と Standard の 2 つのライセンスに分かれました。

それに伴い、ArcGIS Business Analyst Advanced Bundle / Standard Bundle の新しいライセンス体系が追加されました。 なお、現在 ArcGIS Business Analyst Web App を利用中のユーザー様は、ArcGIS Business Analyst Web App Advanced 相当の機能を使用できます。

追加ライセンス

※「ArcGIS Business Analyst Advanced Bundle」ライセンスには ArcGIS Business Analyst Pro が付属しますが、Network Analyst エクステンションローカル データセットは付属しません。

ライセンス別の利用可能な ArcGIS Business Analyst Web App の機能については、こちらをご覧ください。


ArcGIS Business Analyst Web and Mobile Apps 9.2 リリース

複数のインフォグラフィックスを含むダッシュボードをエクスポート可能に

バージョン 9.1 から、作成した商圏やインフォグラフィックスを直接ダッシュボード アプリ「ArcGIS Dashboards」に出力・共有できるように なりました。これまでは、1 つの商圏につき 1 つのイングラフィックスを含むダッシュボードしか出力できませんでしたが、9.2 からは、1 つの商圏に対して複数のインフォグラフィックスを選択し、ダッシュボードに出力できるようになりました。

ArcGIS Dashboards として共有

※ インフォグラフィックス数 × 10 クレジット + 選択したサイト数 × インフォグラフィックス数 × 0.01 クレジットが消費されます。

カラー コード マップなどのツールのワークフローが簡略化

以下のツールで、解析に使用する統計変数を選択する際のワークフローが簡略化されました。

ワンクリックで解析に使用したい変数を選択できるようになりました。初期設定から、ユーザー独自のよく使う変数やカスタム変数を登録することもできます。

カラー コード マップ

各種統計データの更新

以下の統計データが更新されました。

  • 米国の人口統計データが最新の 2021/2026 年のデータに更新されました。
  • Michael Bauer Research データに8つの国と地域が追加されました。また、メキシコに新しいスケールの区画データが追加されました。
  • Esri フランス、Esri オーストラリアの統計データおよび米国の交通ポイントおよび目標物ポイントのデータが更新されました。

ArcGIS Business Analyst Mobile App の機能拡張

  • 商圏内の統計データを簡単操作で集計できる「ファクト」 機能が強化され、集計したい複数の変数を一度に選択できるようになりました。
  • 商圏に添付するファイル名を編集できるようになりました。
  • フランスおよびオーストラリアの Advanced データに対応しました。

これまでの What’s New

バージョン 9.1

インフォグラフィックスの Excel 形式でのエクスポートや解析結果のダッシュボード形式での共有などが可能になりました。

インフォグラフィックスを Excel 形式でエクスポート

ArcGIS Business Analyst Web App では、新しい商圏レポート「インフォグラフィックス」を実行し、その結果を PDF や HTML 形式で出力することができます。バージョン 9.1 から、新たな出力形式として Excel が追加されました。インフォグラフィックスの集計値をそのまま Excel での計算に使用することができます。

インフォグラフィックスをExcel形式で出力

※ インフォグラフィックスのエクスポート 1 回につき 10 クレジットが消費されます。

解析結果をダッシュボード形式で共有

「結果の共有」ツールの一つとして新たに「ArcGIS Dashboards」ツールが利用できるようになりました。作成した商圏やインフォグラフィックスをダッシュボード アプリ 「ArcGIS Dashboards」に出力し、共有することができます。2 種類のテンプレートから選択可能です。

  • メイン レイアウト: 最上部のドロップ ダウンからインフォグラフィックスを切り替えます。マップは別タブから確認できます。
    メイン レイアウト
  • サイド レイアウト: マップを含むテンプレートで、リストからインフォグラフィックスを切り替えます。
    サイド レイアウト

※ ダッシュボード 1 つにつき 10 クレジット + 選択したサイト数 × 0.01 クレジットが消費されます。

タイの POI データが利用可能に

バージョン 8.4 での Esri Thailand 製の高品質な統計データの追加に続き、さらにタイの POI データが利用可能になりました。解析対象の国をタイに設定することで、「目標物および施設の検索」ツールや「空隙解析」ツールから業種別の POI ポイントを検索し、マップに追加することができます。

タイのPOIデータ検索結果

新しいガイド ツアーが追加

ArcGIS Business Analyst Web App では、各機能の操作をレクチャーしてくれる「ガイド ツアー」を利用できます。今回のバージョンアップでは新しく 3 つのツアーが追加されました。

ツアー名 概要
プロジェクトの管理 プロジェクトの管理方法を習得できます。
結果を ArcGIS Dashboard として共有 解析結果をダッシュボードとして共有する方法を習得できます。
データ ブラウザー データ ブラウザーを使用して解析に変数を追加する方法を習得できます。
※解析対象の国をアメリカに設定する必要があります。

自分の組織向けにデータ タブをカスタマイズ

ArcGIS Business Analyst Web App では、「Web マップおよびレイヤー」ツールなどから利用できる「データ タブ」から、 以下のデータにアクセスし、マップに追加することができます。

  • ArcGIS Online 組織サイトに保存されている Web マップおよびレイヤー
  • ArcGIS ですぐに利用することができる、高品質で信頼できるコンテンツ「ArcGIS Living Atlas of the World

今回のバージョンアップで、初期設定から特定のグループをデータ タブに表示させたり、コンテンツの検索方法をカスタマイズしたりすることができるようになりました。

データ タブの設定

※ 本機能は管理者ロールを持つユーザーのみが操作可能です。

「カスタム データの設定」ツールの機能強化

カスタム データの設定」ツールでは、ユーザー独自のデータをカスタム変数として設定し、解析に使用することができます。 今回のバージョンアップで、変数の設定画面にて変数名を使用してフィルタリングすることができるようになり、変数のカテゴリ分けなどの操作がしやすくなりました。

インフォグラフィックスの「近傍の位置」の機能強化

インフォグラフィックスやレポートのカスタマイズ機能の一つに、商圏に重なる競合店などのポイント数を集計して、集計値を表示することができる「近傍の位置」 があります。今回のバージョンアップでは、集計対象をポイント数か、もしくはそのポイントが持つ数値情報 (売上、従業員数など) のいずれかで選択できるようになりました。
※ 本機能は、インフォグラフィックスで近傍の位置を使用し、かつ表示形式を「サマリー」に設定している場合にのみ有効となります。

ArcGIS Business Analyst Mobile App がダークモード テーマをサポート

お使いのスマートフォン等のデバイス設定をダークモード テーマに設定することで、ArcGIS Business Analyst Mobile App もダークモードで表示させることができます。

データ タブの設定

バージョン 8.4

日本やタイの統計データが更新されたほか、セキュリティの強化などが行われました。

新機能の詳細は、ArcGIS ブログをご覧ください。


バージョン 8.3

プロジェクト レイヤーを新しいホスト フィーチャ レイヤーとしてエクスポートできるようになったほか、各種データのアップデートが行われました。

新機能の詳細は、ArcGIS ブログをご覧ください。


バージョン 8.2

複数エリアに対して複数のインフォグラフィックスを出力できる「バッチ インフォグラフィックス」機能や、空隙解析の正規化機能など、各種解析の機能強化が行われました。

新機能の詳細は、ArcGIS ブログをご覧ください。


バージョン 8.1

ArcGIS Business Analyst Web and Mobile Apps の国内サポートを開始しました。

詳細は、ArcGIS ブログをご覧ください。