製品 > ArcGIS Enterprise > 新機能

ArcGIS Enterprise

新機能

より充実したポータル機能を提供する ArcGIS Enterprise 10.6

ArcGIS Enterprise 10.6 では、マッピング、分析、データ管理など製品の重要となる各機能が拡張され、より充実した Web GIS のユーザー体験を提供します。 バージョン 10.6 では主に以下の新機能や機能拡張が行われました。

マッピング

多数のポイントを含むレイヤーがマップにある場合、一定の距離内にあるポイント フィーチャを 1 つのシンボルにグループ化するポイント クラスタリングの機能が追加されました。データを集約して表示することで、地理的傾向を視覚化するのに役立ちます。


データ管理

ArcGIS Enterprise のポータル間のコンテンツの同期では、新たにフィーチャサービスのデータコピーが実行できるようになりました。 また、2018年6月より、ArcGIS Online と ArcGIS Enterprise との同期も可能になりました。



1: ライセンスを取得する場合は、必要なユーザー数をご連絡ください。
2: 指定ユーザー レベル 1 とレベル 2 の合計数が最高で 10 に制限されます。

指定ユーザー レベル 1 ライセンス無償化

2018 年 3 月 より、ArcGIS Enterprise のポータル サイトで利用可能な指定ユーザー レベル 1 ライセンスが無償化されました(ArcGIS Enterprise Workgroup では、指定ユーザーの合計数が 10 までに制限されます)。 これにより、ポータルサイトでセキュアに共有された GIS コンテンツをより多くのユーザーが利用可能となりました。

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る