製品 > ArcGIS Enterprise > 新機能

ArcGIS Enterprise

新機能

 

ArcGIS Enterprise 10.7.1

データストア アイテムの追加

最新の 10.7.1 では、データストア(フォルダー、クラウドストア、エンタープライズ ジオデータベースといった ArcGIS Server に登録できるデータストア)がポータルのアイテムとして登録できるようになりました。
エンタープライズ ジオデータベース内の、フィーチャ レイヤーおよびマップ イメージ レイヤーをブラウザー上から一括で公開することができます。

データストア アイテム

動的集約 (フィーチャ ビニング) 機能の追加

大量のポイント フィーチャをビンと呼ばれる動的なポリゴンに集約する機能で、ArcGIS Pro 2.4 以降から ArcGIS Enterprise 10.7.1 に公開されるマップ サービスでサポートされるようになりました。
フィーチャ ビニングは大きなデータセットをオンザフライで動的に集約する機能で、数千または数百万のポイント フィーチャを含む大規模なデータ セットの描画パフォーマンスを最適化し、データを理解するために効果的な方法です。

フィーチャ ビニング

そのほか、ユーザーのサイン イン/サイン アウトの情報を取得できるようにWebhook の対応が強化されたり、場所によるコンテンツのフィルタリングが可能になったりといった機能拡張・機能改善が含まれます。
詳細はこちらからご参照ください。

 

ArcGIS Enterprise 10.7

 

ポータル サイトの刷新

ポータル サイトの組織ページが ArcGIS Online の組織ページの UI に統一されました。これまでに比べて、組織の管理や情報の検索が容易になるなど、操作性が向上しています。
また、ホスト フィーチャ レイヤーのアイテム詳細ページ上に新たにフィールド ビューが実装され、コード値ドメインの機能が使用できるようになりました。この機能を使用することで、フィールドに入力する値を定義することができ、誤った入力やつづりの間違いを防ぐことができます。
さらに、シーン ビューアーでは、スライス ツールが加わり、対話的な操作で建物(ビルディング シーン レイヤー)の内部構造をスライスして表示できるようになりました。

 

 

 


 

マッピング機能の追加

レイヤーのスタイル設定のオプションとして、2 つの数値属性を使用した [関連性] が追加されました。このスタイルを使用することで、2 つの属性値間の関連性を色の変化で視覚化することができます。

 

 


 

ユーザー ライセンスの変更

指定ユーザーのライセンス体系がこれまでのユーザー レベルから、ユーザー タイプという新しいライセンス体系に変更され、使用できる機能やアプリに応じた 5 種類のユーザー タイプから、業務に適したタイプをお選びいただけるようになりました。
既存の指定ユーザー レベル 1 は Viewer に、レベル 2 は Creator と名称が変更されます。既存ユーザーが使える機能などには変更がありません。

 

 


 

Webhook

ユーザー情報やアイテムの更新などを行った際、そのイベントが発生したことをユーザーに通知する機能である Webhook が追加されました。
Microsoft Flow、Zapier、IFTTT などのサードパーティー サービスとこの機能を活用することで、ArcGIS Enterprise 内でのアクティビティを監視し、変更を通知することができます。

 

 


 

コラボレーション

複数の組織間でアイテムを共有する機能であるコラボレーションにおいて、新たにホスト フィーチャ レイヤー ビューや、Insights ワークブック、ページ、モデルを共有できるようになりました。
また、ポータル管理者はコラボレーション ワークスペースの同期の一時停止や再開を設定することが可能になりました。

 

 


 

インスタンスの共有

従来の ArcGIS Server では、各サービスごとにサービスを実行するインスタンス(ArcSOC)が割り当てられていましたが、ArcGIS Enterprise 10.7 では、インスタンスを複数のサービスで共有することができるようになりました。
たとえば、頻繁に使用されることのない複数のサービス間ではインスタンスを共有することで、マシン上で稼働しているインスタンスの数が削減され、メモリの使用量を節約することが出来ます。また、頻繁に使用されるサービスに対しては、従来のようにインスタンスを専有することもできます。このように、使用するサービスに応じてインスタンスを共有するか、あるいは専有するかを選択することが出来ます。

 

 


 

ジョブ ページの追加

ArcGIS Server Manager に [ジョブ] ページが追加されました。このページでは、ジオプロセシング サービスがいつ実行され、実行されたタスクがどういった状態にあるのかを表示することが出来ます。
また、長時間に渡って処理を行っているジョブの実行をキャンセルすることもできます。

 

 


 

また、ArcGIS Enterprise 10.7 では、2018 年 12 月のアップデートで実装された ArcGIS Online の機能が含まれます。詳細は下記ブログの内容をご参照ください。
ArcGIS Online (2018 年 12 月アップデート) の新機能情報

その他の新機能の詳細はヘルプをご参照ください。
ArcGIS Enterprise 10.7 の新機能

 

ArcGIS Enterprise 10.6.1

 

ArcGIS Enterprise 10.6.1 では、主に地図描画のパフォーマンス向上と空間解析ツールが拡充されました。

地図描画パフォーマンス向上

バージョン 10.6.1 では、フィーチャ数に応じたフィーチャ タイル グリッドを使用することでより高速・効率的に地図描画を行うことができるようになりました。ArcGIS Pro 2.2 以降および ArcGIS API for JavaScript 4.5 以降のバージョンを使用した Web アプリケーションではマップ サービスとフィーチャ サービスの大量のフィーチャを高速にクライアント アプリケーション上で描画できるようになります。その他にも、スマートマッピングの新しいシンボルがサポートされ、より洗練された地図を公開することができます。


空間解析ツールの拡充

ポータル サイト上のマップ ビューアーから簡単に利用可能な空間解析ツールが拡充および改良されました。たとえば、フィーチャの分布状況を分析して、地理的な中心位置となるポイントや分布指向性をあらわす楕円形状のポリゴンを出力する [中心と分散の集計] ツールや、ポイント フィーチャの空間的な分布に基づいて、複数の集合体 (クラスター) に分類する [ポイント クラスターの検索] が新たに追加されています。

 

ArcGIS Enterprise 10.6

 

ArcGIS Enterprise 10.6 では、マッピング、分析、データ管理など製品の重要となる各機能が拡張され、より充実した Web GIS のユーザー体験を提供します。 バージョン 10.6 では主に以下の新機能や機能拡張が行われました。

マッピング

多数のポイントを含むレイヤーがマップにある場合、一定の距離内にあるポイント フィーチャを 1 つのシンボルにグループ化するポイント クラスタリングの機能が追加されました。データを集約して表示することで、地理的傾向を視覚化するのに役立ちます。


データ管理

ArcGIS Enterprise のポータル間のコンテンツの同期では、新たにフィーチャサービスのデータコピーが実行できるようになりました。 また、2018年6月より、ArcGIS Online と ArcGIS Enterprise との同期も可能になりました。



1: ライセンスを取得する場合は、必要なユーザー数をご連絡ください。
2: 指定ユーザー レベル 1 とレベル 2 の合計数が最高で 10 に制限されます。

指定ユーザー レベル 1 ライセンス無償化

2018 年 3 月 より、ArcGIS Enterprise のポータル サイトで利用可能な指定ユーザー レベル 1 ライセンスが無償化されました(ArcGIS Enterprise Workgroup では、指定ユーザーの合計数が 10 までに制限されます)。 これにより、ポータルサイトでセキュアに共有された GIS コンテンツをより多くのユーザーが利用可能となりました。

 

 

ArcGIS Enterprise 10.5.1

 

Insights for ArcGIS

※画像をクリックすると、大きな画面でアニメーションでイメージをご確認いただけます。

Insights for ArcGIS

Insights for ArcGIS

ArcGIS Enterprise ポータル 10.5.1 では、 Insights for ArcGIS という新しい Web アプリケーションが利用できます。なお、ArcGIS Online でも利用可能です。このアプリにより、業務データ/空間データを探索的に可視化・分析することができます。

Insights for ArcGIS は、ドラッグ & ドロップといった直感的な操作性を採用し、スピーディーにデータの属性的、空間的特徴を把握することに役立ちます。

* Insights for ArcGIS は別途ライセンスの購入が必要なプレミアム アプリです。Insights for ArcGIS の特長や動作環境等についての詳細は、こちらをご参照ください。

そのほか、機能や使い方の詳細は Insights for ArcGIS Web ヘルプをご参照ください。


 
what-you-get-image

ビッグデータ分析 (ArcGIS GeoAnalytics Server)※2

組織内で保有している大容量の位置情報を分散処理するための製品が登場し、大容量データに対する空間分析処理時間を大幅に短縮することができます。

※2: 国内リリース時期未定

 

大規模ラスター データ分析 (ArcGIS Image Server)

これまでのラスター データ配信機能に加えて、大規模なラスター データセットの分析を行うための機能 (Raster Analytics※3) が加わります。

※3: Raster Analtyics の国内サポート時期未定

 

ArcGIS Enterprise 10.5

 

ポータル サイトでより柔軟に情報共有

devices

新たに、Portal for ArcGIS の参照専用の指定ユーザー ライセンスが 30 ユーザー分、製品に付属します※1。 これにより、組織内でより多くの指定ユーザーに情報共有することが可能となります。また、Portal for ArcGIS で構築した複数のポータル サイト間で Web マップを共有することができるようになり、組織間での情報共有を促進できます。

※1: Enterprise レベルに付属します。

 

 
what-you-get-image

ビッグデータ分析 (ArcGIS GeoAnalytics Server)※2

組織内で保有している大容量の位置情報を分散処理するための製品が登場し、大容量データに対する空間分析処理時間を大幅に短縮することができます。

※2: 国内リリース時期未定

 

大規模ラスター データ分析 (ArcGIS Image Server)

これまでのラスター データ配信機能に加えて、大規模なラスター データセットの分析を行うための機能 (Raster Analytics※3) が加わります。

※3: Raster Analtyics の国内サポート時期未定

ページ トップ

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る