製品 > ArcGIS Enterprise > 活用事例

ArcGIS Enterprise

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

GISで実現する適正課税

福島県相馬市

市の貴重財源である市税の賦課や徴収を行う税務課でどのようにしてGISが活用されているのか 福島県相馬市では、これまでの固定資産税に関わる日常業務にGISを導入することにより課税の大幅な正確化と効率化に成功した。 概要 松(詳細はこちら)

積極的な情報提供・公開を宣言した自治体の挑戦

横浜市

「行政地図情報提供システム」 都市計画決定内容、建築基準法等の制限内容をはじめ、自然環境に関する情報、防災情報など、市が保有する様々な行政地図情報をインターネットで公開。 早くから地理情報システム(GIS)に着目 横浜市(詳細はこちら)

「佐渡観光Navi」 GISを活用した観光ポータルサイト

中央グループ

歴史、そして自然。詩情豊かで人情味溢れる佐渡。DB、QRコードとGISで強力な観光ポータルサイトの構築。 観光客の欲しい情報提供サービスは何か、観光客減少をコンテンツのDB構造化とGISで佐渡の魅力を発信する試みがスター(詳細はこちら)

データベース、システム、人、組織、業務を結ぶ「統合型GIS」

宇治市役所GIS利用促進検討委員会

職員による業務分析と課を超えた協議から生み出された、業務を支えるGIS基盤。 GIS利用促進検討委員会が構築してきたGISの「利用基盤」が業務へのGIS適用を支える。 業務に根ざしたGIS 宇治市は京都府南部に位置師、古(詳細はこちら)

河川GIS・河川アプリケーション標準インターフェース作成実証実験

河川GIS・アプリケーション標準インターフェース作成会協議会

効率的な河川行政と様々な機関でデータや機能を有効活用するための仕組み作り 河川に関するGIS等アプリケーションプログラムをインターネット/イントラネット環境で、相互利用するための標準インタフェース 本実証実験の背景と目的(詳細はこちら)

「奈良町」の災害危険度予測。歴史的景観保存と災害危険度を可視化

奈良大学

現地調査によって取得したデータからシミュレーションによって歴史的地域の景観保存と地域防災を解明する 奈良大学碓井研究室では、奈良町における道路の安全性に関する研究を行っている。授業の一環として現地調査を行い、防災・歴史的(詳細はこちら)

萩まちじゅう博物館-HAGIS

山口県萩市

萩市におけるGIS を用いた都市遺産情報の公開 毛利輝元が慶長9年に開府。以来400年を契機に、市民参加型まちづくりと観光を促進する情報公開GISを構築し、より一層の地域の活性化を図る。 「萩まちじゅう博物館」構想とは?(詳細はこちら)

アメリカ同時多発テロ事件の対応活動を支えたGISチーム

ニューヨーク市ほか

危機管理センターを貿易センタービルの崩壊とともに失ったニューヨーク市。新しく設置された拠点でまさにゼロから再構築して対応したGIS チームの活躍。 GISの力を十二分に知り尽くし、活用し、そして利用者に伝え、地図を作り続(詳細はこちら)

福岡西方沖地震復旧・復興GISプロジェクト

九州大学大学院工学研究院

安全・安心の情報社会基盤としてのインターネット災害情報共有システム このプロジェクトは、地理情報システムを用いて,平成17年3月に発生した福岡県西方沖地震に関する各種情報を一元的にWeb上のデジタルマップに集積し、住民や(詳細はこちら)

WebGIS導入で庁内における情報共有・業務効率化を実現

生駒市役所

生駒エンタープライズGIS で行政サービスを高度化 生駒市役所では、より高度な行政サービスを提供するため庁内を横断するGISシステムの採用を決定した 生駒市とGIS 生駒市は奈良県の北西部に位置し大阪府に隣接した、人口約(詳細はこちら)


Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る