製品 > ArcGIS Enterprise > 活用事例

ArcGIS Enterprise

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

ウォーカブルシティ つくば

筑波大学大学院

つくば市中心部の歩行環境をGISにより定量的に評価し住民が活用できるWebGISで公開 居住者にとって満足度が高く、実際に歩きたいと思う歩行環境を、「Walkability」という概念で評価。居住者の歩行行動を促進するこ(詳細はこちら)

東京の森の再生を目指して

東京都産業労働局農林水産部森林課

本来の持つ役割だけでなく、産業、レクレーション計画などにも役立つツールとして「東京都森林GIS」は活用されている。 概要 森林は木材生産機能のほか、水源かん養、土砂の流出防止、二酸化炭素の固定による温暖化の防止、野生動植(詳細はこちら)

固定資産税家屋全棟調査を事業化するためのGISによる調査分析

宇治市総務部税務室資産税

固定資産税家屋全棟調査事業の企画・立案のための現地サンプル調査と分析を職員自らGISで実施し、予算獲得と事業化を実現。 現地サンプル調査の効率化の解決策としてPDAを有効活用し、調査後のPCへのデータ入力を不要とした。ま(詳細はこちら)

複雑な導管地図データをWebGISで快適に操作

大阪ガス

ガス導管設備管理システムの高性能化 ArcGIS Server を採用し、複雑な導管地図データをストレス無く表示するWebGISを開発した。 概要 導管MAP操作画面 大阪ガスは近畿地方の680万戸に都市ガスを供給し、管(詳細はこちら)

道路に関する苦情要望の管理・情報共有に統合型WebGISを活用

宇治市 建設総務課

業務に特化したWeb画面を職員が設計し、情報管理の負担軽減、検索、情報共有をスムーズにする。 宇治市役所建設総務課では、WebGISを用いて空間情報から過去数年分の道路・水路に関する苦情要望の保菅ファイル名を検索するシス(詳細はこちら)

一刻を争う医療現場で命を救うツールとしてGISが活躍

ロマリンダ大学メディカル・センター

ロマリンダ大学における保健医療GISの取り組み 地域医療や救急医療の問題が叫ばれる中、GISがこれらの問題を解決する1つのツールとしてどのように活用出来るのだろうか? ロマリンダ大学 カリフォルニア州ロマリンダ市 カリフ(詳細はこちら)

地域にねざした空間情報協働プラットフォームの構築

横浜国立大学 大学院環境情報研究院

横浜国立大学では、知的情報基盤として「協働による持続可能な流域圏実現のための空間情報協働プラットホームの構築とその活用」の研究を行っている。 研究背景 近年私達を取り巻く環境は、地球温暖化、森林伐採や大気汚染などの環境破(詳細はこちら)

次のカーナビゲーションを考える。自動生成されるエリア要約地図

デンソーアイティラボラトリ

BEIRA – 鳥瞰型情報検索アプリケーション ヒトの「気づき」を誘発。自動生成されるエリア要約地図。 概要 研究・開発風景 株式会社デンソーアイティーラボラトリは、トヨタ系自動車部品サプライヤーである株式会(詳細はこちら)

横浜MAPプロジェクト

横浜国立大学

横浜市をモデルとした都市環境工学にGISを用いる 横浜国立大学では、GISを基盤とした情報ブラットフォームで、統合した分野横断・文理融合による持続可能な住みよい都市デザインの研究に取り組んでいる。 研究室紹介 横浜国立大(詳細はこちら)

セント・ジョン・エナジー社(カナダ)での電力業務効率化

セント・ジョン・エナジー社

エンタープライズGISが設備管理から運営まで的確な公益サービスを支援 セント・ジョン・エナジー社とは セント・ジョン・エナジー社は1922年の設立で力ナダのニューブラウンズウィックにある電力会社である。電力の提供エリアは(詳細はこちら)


Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る