製品 > ArcGIS Engine > 動作環境 > ArcGIS Engine 10 動作環境

ArcGIS Engine

ArcGIS Engine 10 動作環境

※ ArcGIS Engine 10 は 2016 年 1 月 1 日をもってサポート終了フェーズとなりました。Esri 製品のライフ サイクル ポリシーに関してはこちらをご参照ください。

サポートするオペレーティング システム

サポートするオペレーティング システム最小バージョン最大バージョン
Windows Server 2003 Standard, Enterprise, Datacenter(32-bit, 64-bit(EM64T)) SP2 SP2
Windows Server 2008 Standard, Enterprise, Datacenter(32-bit, 64-bit(EM64T))   SP2
Windows Server 2008 R2 Standard, Enterprise, Datacenter(64-bit(EM64T))   SP1*
Windows 7 Ultimate, Enterprise, Professional, Home Premium(32-bit, 64-bit(EM64T))   SP1*
Windows Vista Ultimate, Enterprise, Business, Home Premium(32-bit, 64-bit(EM64T)) SP2 SP2
Windows XP Professional Edition, Home Edition(32-bit) SP3 SP3
Windows XP Professional Edition, Home Edition(64-bit(EM64T)) SP2 SP2

* ArcGIS 10 SP2 からサポート

ハードウェア要件

CPU の速度 2.2 GHz 以上
ハイパースレッディング(HHT)、またはマルチコア推奨
プロセッサ Intel Core Duo、Intel Pentium 4、Intel Xeon プロセッサ(SSE2 以上)
マルチ プロセッサのサポートについて
メモリ/RAM 2 GB 以上
画面のプロパティ 24 ビット カラー
画面の解像度 通常サイズ(96dpi)で 1024 x 768 ピクセル以上(推奨)
スワップ領域 500 MB(必須) ※オペレーティング システムに依存
ディスク容量(Engine Runtime のみ)

699 MB(必須)

※ArcGIS Engine Runtime は使用時にキャッシュ ファイルを作成するため、追加のディスク容量が必要となります。

ビデオ/グラフィック アダプタ

24 ビット対応のグラフィック アクセラレータ

OpenGL 2.0 以上、または互換性のあるビデオ カード。 ビデオ メモリ: 128 MB(必須)、512 MB(推奨)

お使いのコンピュータが 3D Analyst 製品の ArcGlobe の動作環境を満たしているかどうか こちら で確認することができます。

ソフトウェア要件

Python 要件
(ジオプロセシング)
ArcGIS Engine のジオプロセシング ツールを実行するには、Python 2.6.x および Numerical Python 1.3.0 がインストールされている必要があります。ArcGIS Engine をインストールするコンピュータに Python 2.6.x あるいは Numerical Python(Numpy) 1.3.0 がインストールされていない場合、完全インストールにより Python 2.6.5 と Numerical Python 1.3.0 がインストールされます。またカスタム インストールを選択して Python をインストールしないようにすることもできます。さらに、ArcGIS Engine のインストール時に Python のセットアップが実行される場合、インストール場所を選択することができますが、Python のインストール場所にはパスに空白を含んではいけません。
Microsoft .NET Framework 要件 Microsoft .NET Framework を使用して開発したソリューションのために .NET Framework 3.5 SP1 がインストールされている必要があります。
Microsoft WinHelp パッチ Windows 7、Windows Vista 上で ArcGIS Desktop、ArcInfo Workstation、ArcGIS Engine、ArcReader を使用する場合は、下記のパッチをインストールすることをお勧めします(必須ではありません)。 ArcGIS Desktop、ArcInfo Workstation、ArcGIS Engine、ArcReader では、WinHlp32 を使用して、ツール、コマンド、ダイアログのポップ ヒントを表示します。 Windows 7、Windows Vista 上では、このパッチをインストールしない限り WinHlp32 は動作しません。 このパッチの詳細とダウンロードについては Microsoft KnowledgeBase article 917607 をご参照ください。 このパッチを適用していない状態でポップ ヒントを表示しようとすると、このパッチのインストールを促す Windows のポップアップが表示されます。 操作性を向上させるために、ArcGIS のインストールと同時にこのパッチをインストールすることをお勧めします。 詳細は Esri KowledgeBase article 32530(英語)をご参照ください。
ブラウザ要件 ArcGIS Engine Runtime のいくつかの機能は、Microsoft Internet Explorer 7.0 あるいは 8.0 が必要です。Microsoft Internet Explorer 7.0/8.0 がインストールされていない場合は、ArcGIS Engine Runtime をインストールする前に、インストールする必要があります。

ライセンス マネージャ要件

サポートするオペレーティング システム最小バージョン最大バージョン
Red Hat Enterprise Linux AS/ES/WS 4(32-bit, 64-bit) Update 4 以上  
Red Hat Enterprise Linux Server 5(32-bit, 64-bit) Base 以上  
SUSE Linux Enterprise Server 10(32-bit, 64-bit) SP2 以上  
Sun Solaris 10(64-bit(SPARC)) Maintenance Update 4(8/07)以上  
Windows Server 2003 Standard, Enterprise, Datacenter(32-bit, 64-bit(EM64T)) SP2 SP2
Windows Server 2008 Standard, Enterprise, Datacenter(32-bit, 64-bit(EM64T))   SP2
Windows Vista Ultimate, Enterprise, Business, Home Premium(32-bit, 64-bit(EM64T)) SP2 SP2
Windows XP Professional Edition, Home Edition(32-bit) SP3 SP3
Windows XP Professional Edition, Home Edition(64-bit(EM64T)) SP2 SP2

開発ソリューション(SDK)要件

ArcObjects SDKサポートおよび推奨する統合開発環境SDK 要件ディスク容量
ArcObjects SDK for the Microsoft .NET Framework

Microsoft Visual Studio 2008 SP1 Visual Basic Express

Microsoft Visual Studio 2008 SP1 Visual C# Express

Microsoft Visual Studio 2008 SP1(C#, VB.NET)Standard, Professional, Team Edition

Microsoft Visual Studio 2010(C#, VB.NET)Professional, Premium, Ultimate Edition

ArcObjects SDK を使用して開発を行うには、ArcGIS Desktop、ArcGIS Engine Runtime、ArcGIS Server のいずれかが必要です。

Microsoft .NET Framework 3.5 SP1
989 MB

オペレーティング システムの要件および制限事項

関連情報

システム設計ガイド: 推奨するコンピュータ プラットフォームのサイズやシステム設定方法が書かれた技術資料です。

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る