製品 > ArcGIS Engine

ArcGIS Engine

GIS のパーツを組み合わせ、独自のアプリケーションを生み出す GIS 開発キット

ArcGIS Engine は、新規にカスタム デスクトップ GIS アプリケーションを開発したり、既存のデスクトップ アプリケーションに GIS の機能を組み込んだりするための開発者向け製品である「ArcGIS Engine Developer Kit」 と開発したアプリケーションを実行するためのランタイム製品である「ArcGIS Engine」の総称です。 ArcGIS Engine Developer Kit を利用して、GIS が持つメリットを最大限に生かしたアプリケーションを開発することができます。

同時使用(CU)ライセンスをご利用・ご検討のお客様へお知らせ
同時使用(CU)ライセンスの販売終了について

main-make-gis-available

豊富な開発コントロール

ArcGIS Engine Developer Kit には、アプリケーションのベースとなる部分を簡単に導入できるようにするために、実用的な開発コントロールが多く含まれています。


main-info-share

専門的な GIS 機能を実現するエクステンション群

ArcGIS Engine アプリケーション上で動作する豊富なエクステンション製品がオプションとして用意されています。 これらエクステンションにより、ラスタ空間処理や 3D 解析などの専門用途に特化したタスクを実行することができます。


main-make-gis-available

柔軟に変更できる実行ライセンス

ArcGIS ArcGIS Engine Developer Kit で開発したアプリケーションは、ランタイム製品である ArcGIS Engine だけではなく、ArcGIS Desktop のライセンスでも実行できます。そのため、すでに ArcGIS Desktop が導入されている場合、ArcGIS Engine アプリケーションの導入コストを削減することが可能です。


Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る