製品 > ArcGIS Data Reviewer > 製品詳細

ArcGIS Data Reviewer

製品詳細

feature1

自動レビュー

40 を超える自動データ チェック

ArcGIS Data Reviewer は自動で行うチェックが 40 個以上用意されています。空間的なチェックだけでなく、属性値のチェックを行うことも可能です。すでにトポロジを使用している場合は、チェックに既存のトポロジを読み込むことができます。

バッチ レビュー

自動データ チェックは個々で実行するだけでなく、複数のチェックをバッチ ジョブという 1 つのチェックとして実行することも可能です。ビジネス ルールや組織の要求に応じて必要なチェックをすべて含んだバッチ ジョブを作成することで、完全な仕様チェックを行うことができます。また、バッチ ジョブは配布することもできますので、一度作成しておけば、いつでも誰でも同じチェックを行うことが可能です。


feature1

目視によるレビュー

目視によるレビューを効率化

過剰や欠落、位置ずれなどのソース データと比較することによって確認するエラーは、目視によって行う必要があります。ArcGIS Data Reviewer は欠落していたり間違って作図されているフィーチャなど、自動的に検出できないエラーを識別するための便利な機能を提供します。

サンプリング チェック

目視によるレビューが必要なフィーチャ数が 10 万や 20 万を超えるような膨大なデータ量だった場合、すべてを目視で行うのは効率的ではありません。ArcGIS Data Reviewer はレビュー対象となるデータからサンプルを取得することができます。サンプリング方法は、フィーチャ数、フィーチャの割合、グリッド、自動計算(信頼度、許容誤差範囲、許容エラー率によって定義)の 4 つがあります。


feature1

データ品質の管理

品質のライフサイクル管理

ArcGIS Data Reviewer は、エラーを発見する「レビュー」、発見されたエラーを修正する「修正」、修正されたエラーが正しいか確認する「確認」の 3 つのステータスから品質を管理します。すべてのステータスで、誰がいつ何を行ったのかレビューアー ワークスペースに記録されます。

レビューアー テーブル

レビューアー ワークスペースに記録された内容を確認するための機能として、ArcMap と対話的に使用できるレビューアー テーブルがあります。このテーブルによって、エラーを追跡したり、エラー フィーチャへ移動したり、ステータスの更新を行います。

データ品質のレポート

レビューアー ワークスペースに記録された内容から、データの品質をレポートとして出力することができます。どのようなチェックを行い、その結果エラーがどのくらいあったのか、データの品質精度は何%なのか、レポートで確認することができます。

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る