製品 > ArcGIS Business Analyst > 活用事例

ArcGIS Business Analyst

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

顧客の見える化による適切な営業活動

地域に根ざしたガス会社を目指すために 顧客と接点を持ち、地域に根ざしたガス会社を目指すためには、自社顧客を見える化し、顧客特性を把握することが重要な手段の 1 つと考えられます。 また、ガス・電力の自由化による競合参入、(詳細はこちら)

自動検針機器の設置促進

自動検針機器設置状況の把握 Excel ベースの情報管理では、「どのエリア」に自動検針機器が「多い」のか「少ない」のか、「設置促進注力エリア」はどこなのかを適切に把握することができません。顧客情報と地図を活用することによ(詳細はこちら)

クラウド型 GIS サービスで得意先店舗への提案型営業を支援

商圏分析によるリテールサポート業務 メーカーや卸売業にとって、各店舗の地域特性に合わせた棚割りや売れ筋商品を提案することは、自社の業績向上に必要な業務です。そしてそのためには得意先店舗の商圏分析を行い、各店舗周辺の市場ボ(詳細はこちら)

GISで新規出店候補地の選定作業コストを 75% 削減

スバル・オブ・アメリカ

GIS を使い特定顧客グループをターゲットに トップマネジメントに効果的なセールス・マーケティング分析マップを作成している 店舗を設置する場所の判断を誤ると、大きな損失をこうむる場合がある。意思決定の際には、人口統計、ア(詳細はこちら)

GISを活用した革新的な市場分析でもたらされた成長

米国フィットネスクラブ大手

米国ニューハンプシャー州ドーバー市に拠点を置く Planet Fitness社(1992年創業)は、最も急成長を遂げているフィットネスクラブフランチャイズである。これまで全米 600 以上の拠点に施設を構え、2012 年(詳細はこちら)

戦略的・科学的に営業の担当エリアを構築

ジョンソン・エンド・ジョンソン

使い捨てコンタクトレンズの輸入・販売を手掛けているジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニーは、これまでの営業テリトリーの不均等を是正するためにテリトリーの再設計を行いリソースを最適化することに成功した。また屋外広告の適正な配置の分析も行い、新規来客数の増加にも成功した。

運転時間証券

商圏分析

商圏分析をするにはGISの利用が最適です。立地環境や店舗規模が様々な小売業においては、各地域の生活スタイルや店舗へのアクセス方法、施設の設備などにより、商圏設定には幾つかのパターンが必要になります。単一商圏に限定せず、既存店の傾向を加味しつつ、幾つかのパターンの商圏設定を分析に活用しています。

エリアマーケティング

エリアマーケティングとは、企業のマーケティング活動において、地域(エリア)の特性に応じた戦略を展開することをいいます。エリアマーケティングの分析例として、国勢調査などの地域データを基に商圏分析することで出店可否の判断をし(詳細はこちら)

IoT と GIS の活用で消耗品の補充オペレーションを効率化

センサー活用による消耗品の自動補充 インターネットにつながったセンサーにより「モノ」の状態などの情報を把握する IoT(Internet of Things)のコンセプトを消耗品の補充などに活用するサービスが生まれつつあ(詳細はこちら)

保健医療GIS

疫学や医療統計学、訪問介護の分野でArcGISによって感染症対策や生活習慣病の予防対策などの様々な分析が行えます。 活用方法 感染症発生分布状況分析 新型インフルエンザなどの感染症発生分布状況を時系列解析し、感染症対策に(詳細はこちら)


Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る