製品 > ArcGIS Business Analyst Desktop > 活用事例

ArcGIS Business Analyst Desktop

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

地域の産業構造の特徴を把握

経済センサスの活用 経済センサスには、地域ごとに産業別に事業所数や従業者数が収録されています。これらのデータを用いると、どのような地域にどのような産業が発展しているかを把握することができます。 東京23区の産業構造の特徴(詳細はこちら)

多摩地域のシンクタンクとして広域的な視点で多摩地域を分析

多摩信用金庫

多摩信用金庫では、多摩地域の経済活性化や同金庫の経営戦略の立案を行うために ArcGIS Business Analyst を導入し、複数の行政区域を越えた広域的な視点での調査や分析を行うことで、経営分析や受託調査での業務の効率化において効果を上げた。

類似店舗における成功事例の共有と活用

営業活動において、お客様に対して明確な根拠を示すことはとても重要なことです。ArcGIS Business Analyst Desktop の標準搭載の分析機能である類似商圏分析を行うことで、「売れる根拠」を明確にし、営(詳細はこちら)

携帯電話ショップの店舗展開戦略

地域特性と顧客を可視化し、最適な店舗展開 顧客に最適な製品・サービスを提供し、継続的なサービス契約、あるいは新規顧客の獲得をするためには、事業エリアの特性はどのようになっているのか、どのエリアにターゲットとする顧客が多い(詳細はこちら)

店舗巡回業務の効率化

販売力を強化するためのラウンダー支援 店舗ラウンダーの業務は、店舗の調査・報告、販売企画、サポートなど多岐にわたり業務量の多い仕事です。 GIS を活用することにより、巡回するテリトリーの平準化や巡回ルートの最適化、モバ(詳細はこちら)

地域情報やビジネス状況の可視化

ビジネスをスピードアップさせ更なる顧客獲得 顧客を獲得するためには、エリアポテンシャルの把握・顧客のターゲティング・実績の可視化などによる効率的かつ効果的な営業アプローチが求められます。エリアのポテンシャルを可視化するた(詳細はこちら)

クラウド型GISで素早く・簡単に地域特性を可視化

地図とデータを活用して、新たなビジネス機会を創出 勘や経験に基づくプロモーション活動や闇雲な顧客訪問では、効率が悪く人・モノ・金の無駄になってしまいます。どこに潜在需要があるのか、どのようなプロモーションをすれば顧客獲得(詳細はこちら)

ガス自由化を勝ち抜くためのエリア戦略

顧客獲得競争が激化するガス自由化 新規顧客の獲得、あるいは既存顧客を守るための企画・施策立案ためには、地図や位置情報を活用することが有効な手段となります。顧客や地域の情報を地図や位置情報を用いて分析・視覚化することにより(詳細はこちら)

顧客の見える化による適切な営業活動

地域に根ざしたガス会社を目指すために 顧客と接点を持ち、地域に根ざしたガス会社を目指すためには、自社顧客を見える化し、顧客特性を把握することが重要な手段の 1 つと考えられます。 また、ガス・電力の自由化による競合参入、(詳細はこちら)

自動検針機器の設置促進

自動検針機器設置状況の把握 Excel ベースの情報管理では、「どのエリア」に自動検針機器が「多い」のか「少ない」のか、「設置促進注力エリア」はどこなのかを適切に把握することができません。顧客情報と地図を活用することによ(詳細はこちら)


Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る