製品 > ArcGIS API for Python > 製品詳細 > 主な機能

ArcGIS API for Python

主な機能

データを一括作成・更新

シェープファイルやファイル ジオデータベースはもちろん、Word や Excel ファイルもコンテンツとして Web GIS 上に作成することが可能です。位置情報付きの CSV ファイルなら簡単にフィーチャ サービスを公開することができます。すでに公開済みのサービスの属性情報を更新することもスクリプトから実行できます。


ArcGIS Apps で利用するデータを作成

スクリプトから Web マップ作成することが可能です。もちろん作成した Web マップは現地調査で使用する ArcGIS Apps で使用することができます。Workforce for ArcGIS では、全体のタスク作業のデータを作成することができます。 Story Map をスクリプトから作成することが可能です。


コンテンツ・ユーザーを管理する

Web GIS のユーザー、グループの作成・更新・削除をスクリプトから操作することができます。また、組織内に存在する GIS コンテンツは該当するデータを一括で削除したり、コンテンツの公開範囲を一括で変更することもできます。汎用的な Python ライブラリと連携して、グラフや画像として出力することも可能です。


Web GIS の解析機能を利用する

例えば ArcGIS Online には、よく使用される GIS 解析機能が多く備わっています。それをスクリプトから実行して、GIS を活用した分析結果として活用することができます。スクリプトを組めば、複数の解析を一度で実行することも可能です。ArcGIS Online では、次のような GIS 解析を実行することができます。

  • ジオコーディング
  • ネットワーク解析
  • 空間解析
  • ジオエンリッチメント

利用できる解析機能について、詳しくは ArcGIS Online の豊富な空間解析機能 をご覧ください。ArcGIS Enterprise の空間解析機能もスクリプトから実行することができます。


マッピング

開発環境としてサポートしている Jupyter Notebook / Jupyter Lab  では、ツール上で背景地図を表示して、Web GIS 上にあるコンテンツを重ね合わせて対話的に地図を作成することができます。 

 

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る