事例

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

製品
活用事例

安定した水資源供給を目指した施設管理GIS

水土里ネット一ツ瀬川

土地改良区における農家への安定した水資源供給を目指して 管轄区域内の農家へ農業用水を安定供給するためには欠かす事のできない灌漑設備。いかに効率的に施設管理を行うか。 一ツ瀬川土地改良区 宮崎県の中央部に位置する一ツ瀬川地(詳細はこちら)

宮崎県森林地理情報システム

宮崎県環境森林部

従来の森林行政にGIS を融合することで、更なる業務の高度化・効率化を目指す! 県土の76%を山林原野が占める宮崎県。「持続可能な森林経営」を実現し、我が国を代表する国産材供給基地であり続けるために、従来の森林行政にGI(詳細はこちら)

竹林分布拡大の時系列解析

九州大学大学院生物資源環境科学府

空中写真から過去30年間における竹林分布変化の傾向を探る 日本各地の里山で起こっている竹林拡大。その対策の糸口として、空中写真から複数時期のデジタルオルソフォトを作成。竹林とそれに隣接する土地被覆を関連させながら拡大の傾(詳細はこちら)

GIS上で風を可視化-風力発電の適地選定に応用-

環境ジーアイエス研究所

複雑地形の風況を予測するソフトウェアRIAM-COMPACTとArcGISの連携による、風力タービン適地選定支援を実施 近年積極的な導入が進められている風力発電事業において、事前に風の状況を詳細に把握し、さらには法規制や(詳細はこちら)

IT機器を使った森林文化の伝承

岐阜県立森林文化アカデミー

多様な中山間地域の文化を継承し次世代に伝えるため、GIS/GPS/RS によるビジネスモデルを探求! 今、日本の人工林は間伐を必要としている。間伐の停滞は森林資源のポテンシャルを下げる。こうした森林の疲弊により、いにしえ(詳細はこちら)

北海道外来種データベース-北海道ブルーリスト-

北海道庁環境生活部

北海道における外来種の実態をGIS で広く公開し、生物多様性への影響を最小化する。 豊かな自然に囲まれた北海道。今、この地で古来の生態系に対し、外来種による様々な影響が発生している。GISによるブルーリストの公開は、生態(詳細はこちら)

地球に優しい再生可能エネルギーの普及のために

日本大学生産工学部

風力発電の設置地点・発電量予測シミュレーションにGISを活用。 地球温暖化を抑制するための新しいエネルギー源として風力発電への期待が高まっている。風車設置地点、発電量予測シミュレーションにGISを活用している。 日本大学(詳細はこちら)

大阪地区における空間基盤データの官民共有化で業務効率化を図る

GIS大縮尺空間データ官民共有化推進協議会

道路占用に関する協議・申請システムにおけるGISの活用。 道路占用工事での許可申請関連のポータルサイトをGISで官民を通して作成し、大阪地区における空間基盤データの共有化を目指す。 大阪府における官民協議会 大阪府土木部(詳細はこちら)

ESRI USER Conferenceに出展されたマップ

京都市防災マップの作製と公開

京都市消防局

住民主体の防災活動による社会の防災力向上へGIS はどのように活用できるのか 京都市消防局は京都市防災マップ検討委員会を設置し、GIS を活用した防災マップの作製に取り組んだ。 京都市防災マップ検討委員会 京都市は京都府(詳細はこちら)

中越地震における緊急対応支援

十日町地域広域事務組合・十日町地域情報本部

通信指令業務、災害情報共有、出動記録分析に総合的にGIS を活用。 災害時の応急活動に情報技術を巧みに利用。混乱する状況下での指示、判断に地図情報を駆使。情報共有も地図で“分かりやすく” 中越地震による被害発生 中越地震(詳細はこちら)

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る