事例

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

製品
活用事例

チェルノブイリ原子力発電所事故の影響解析

米国Esri社

目に見えない放射能の影響をGIS、地球統計学で解析し、健康と安全を守る。 1986年の未曾有の大事故でヨーロッパ中に撒き散らされた放射能の影響は、20年近く経った今も消えた訳ではない。事故直後の初動対応から長期的な影響把(詳細はこちら)

新鮮かつ精度の高い地図データを効率的に作成できる環境を実現

インクリメントP株式会社 東北開発センター

ArcGIS を活用したカーナビゲーション地図データ編集システム カーナビ用地図ソフト開発及びインターネット地図閲覧サービスのトップの座をひた走るインクリメントP株式会社。同社では、現実世界の変化にスピーディーに対応し、(詳細はこちら)

つくばの変遷に関する研究

茨城県立並木高等学校

ArcView で自分達の学校があるつくばの変遷を解析 明治16年作成の美しいフランス彩色のつくば地形図の復刻版を見たときに、現在から120年前のつくばが一体どんなところだったのかという思いが膨らんだ。生徒たちはそんな思(詳細はこちら)

新しい情報基盤としてのGISを活かした先端的教育と情報発信

立命館大学 衣笠キャンパス

高度なGIS 教育プログラムを通してGISの普及、スペシャリストの輩出に貢献する 日本国内においてGISはあらゆる場面で活用され、その重要度はますます増している。社会におけるGIS技術者のニーズが高まる中、立命館大学は日(詳細はこちら)

九州大学自律分散型空間情報基盤システム

九州大学大学院工学部 環境システム科学研究センター 地圏環境研究室

学術研究都市の空間情報基盤づくりを目指す空間情報システム 自律分散型空間情報基盤システムは,学内はもとよりインターネットを通じて誰もが,九州大学に関する情報を共有できる環境を提供するシステムである。 九州大学での自律分散(詳細はこちら)

国立公園の利用者管理へむけたGISの活用

横浜国立大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー

自然公園の生態系を守るため、利用実態の把握・管理にGIS を有効活用 「GISを活用した自然公園の利用者管理支援システム」により、利用情報を適切に管理し、生態系を破壊しない適正利用のための計画・管理の実現を探る。 横浜国(詳細はこちら)

身近な地域資料とGISで子どもの学びを引き出す

特定非営利活動法人 上越地域情報学校教育支援センター

「地域の子は、地域で育てる」を合言葉に、GIS を活用した地域連携教育を実施 上越地域では、地域学習において物事の位置関係や関連事象を総合的に捉えることができるGISに着目。2002年よりNPO上越地域情報学校教育支援セ(詳細はこちら)

BirdBase -アジアの鳥類分布データベース-

科学技術振興機構、北海道環境科学研究センター

アジア地域における鳥類の分布データをArcIMS で公開 BirdBase(アジアの鳥類分布データベース)は、これまで環境省をはじめとする複数機関で分散して管理していた鳥類データを横断的に検索することを可能にした鳥類分布(詳細はこちら)

神戸市地域における博物館、高校、小学校、市民の交流

兵庫県立人と自然の博物館、兵庫県立尼崎小田高等学校

GIS を通じて結びついた他世代交流で築かれた地域を見つめる枠組み。 博物館の研究員の指導によりGIS の利用技術を身に付けた高校生が自ら調査した環境観測データを分布図にまとめ上げた。同じ地域の小学生に地域の環境問題を伝(詳細はこちら)

1 51 52 53 54
Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る