製品 > ArcGIS Image Analyst > 製品詳細

ArcGIS Image Analyst

製品詳細

ステレオ マッピング

ステレオ ペア画像から立体視で 3D データをデジタイズ

ステレオ画像を赤/青メガネやシャッターグラスを使って、立体視を行うことが可能なステレオ マッピングの機能が利用できます。ステレオ マッピングによる画像の立体視を行いながら、編集機能で正確な形状や高さを持つデータの作図が可能です。


画像空間表示

画像的に正しい表示が可能

メタデータを持つ航空写真や衛星画像で撮影した画像を撮影時に正しい方向で表示できます。通常マップに斜め画像を追加すると、自動的にマップ座標系に投影変換されてしまうため、画像がゆがみ、距離や方向が把握しにくくなりますが(右図左側のマップ)、画像座標で表示された画像は、斜め画像を撮影時の方向を維持したまま表示されているため、引き延ばされる事もなく距離も正確に把握できます(右図右側のマップ)。


画像空間計測

画像的に正しい計測が可能

画像空間表示の状態にすると、撮影時の正しい方向で表示ができるので、計測ツールを使って高精度な計測を行うことができます。例えば、左図では建物の上部から影の高さまでを計測し、建物の高さを算出しています。


ラスター関数 & ジオプロセシング ツール

画像処理を行う専門処理ツール

画像の演算処理系の解析や画像分類、ゾーン統計などの統計ジオプロセシング ツールおよびラスター関数を利用することができます。たとえば、対象エリアごとの NDVI 値の平均を計算し、複数時期のデータの差分を可視化できます(右図)。ラスター関数に関しての比較表はこちら
※ラスター関数およびジオプロセシング ツールは一部 Spatial Analyst と共通の機能です。


画像分類

画像から主題データを作成

衛星画像や航空写真のデータから、画像分類ツールを用いて主題データを作成できます。左図では、衛星画像のデータ(左側のマップ)からオブジェクト分類を行い、水域、開発済み地域、森林、植え付け地域などの土地利用データを作成しています(右側のマップ)。
※ 画像分類系のツールは Spatial Analyst と共通の機能です。


Full Motion Video

動画の撮影範囲をマップに表示

動画ファイルと撮影機からのメタデータ ファイルを統合させ、動画の表示範囲、撮影位置などのアウトラインをマップに反映させることができます。これにより、例えば位置がつかみにくい海上や山間でドローンを飛ばし、撮影情報から野生動物の生息域をマップ上にマークしたり、災害救助などで要救助者の位置をマップ上で把握するなどの利用が可能になります。


Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る