製品 > Esri Maps for IBM Cognos > 製品詳細 > 地図を利用した分析

Esri Maps for IBM Cognos

地図を利用した分析

地図上のデータの選択操作をトリガーにして、IBM Cognos レポートのオブジェクトの更新、プロンプトやドリルスルーを実行することができます。これにより、地図上の分析対象エリアに関するデータの取得や更新、グラフや表などの更新を行うことで、分析対象エリアの特徴を引き出すことが可能になります。

オブジェクトの更新

レポートオブジェクトの更新

レポートで設定したターゲットとなる分析データに対して、地図上で選択したデータの属性を使って、レポート上のグラフや表で表示しているデータに対してフィルタリングを実行することができます。(画像をクリック)


プロンプトの実行

プロンプトの設定

地図上で選択したデータの属性を元に、レポートに設定したプロンプトを実行することができます。また、地図で利用しているデータに対してプロンプトが設定されている場合、プロンプトして得られた結果が地図上のデータにも反映されます。(画像をクリック)


ドリルスルーの適用

ドリルスルー

地図上で選択したデータの項目をキーとして、そのエリアの詳細レポートや別の視点のレポートを実行して表示することができます。(画像をクリック)


マップの更新

マップの更新

レポート上のリストやクロス集計 オブジェクトの項目とマップ上のデータを紐づけることで、表の項目をクリックした際に、マップ上のデータをフィルタリングもしくはハイライトすることが可能です。(画像をクリック)

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る