製品 > ArcGIS Online > 活用事例

ArcGIS Online

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

モバイル アプリを活用した空き家の実態調査

空き家の分布状況を把握する 近年、国内では空き家の戸数が増加を続けており、多くの自治体において政策上の課題の 1 つとなっています。空き家には一般にイメージされがちな老朽化が進んだ物件だけではなく、状態は良くとも利活用さ(詳細はこちら)

オープンガバメントを目指し、先進的なデータ活用に ArcGIS プラットフォームを利用

神戸市

神戸市では、ICT を活用したオープンガバメント社会の構築に向けて、市民サービスの向上、業務効率の向上、地域課題の解決を行っていくため ArcGIS プラットフォームを導入し、庁内での GIS ・データの活用や市民向けたデータ公開を行うための統合的なプラットフォームとして稼働を開始した。

ArcGIS 導入でデータの相互運用性が劇的に向上 2 年間でユーザー数ゼロから 6 万人へ急拡大

アメリカ国家地球空間情報局

政府機関への地理空間情報の迅速な提供と活用の促進が課題となっているアメリカ国家地球空間情報局では、政府機関で広く使用されている ArcGIS プラットフォームを活用したクラウド環境へ移行することで構築から 2 年間でユーザー数がゼロから全世界約 60,000 ユーザーにまで急増した。

G-SHOCK の世界観の中での 3D 表現のために

カシオ計算機株式会社

G-SHOCK で取得した位置と時刻情報を地図上で 3D 表現することを課題としていたカシオ計算機株式会社は、Esri が提供している背景地図およびデータを活用することにより、G-SHOCK と連携しているアプリ上で 3D アニメーションを表現することができた。

宇宙からの災害監視「だいち防災 WEB ポータル」

宇宙航空研究開発機構(JAXA) 衛星利用運用センター

災害時に取得する ALOS-2 等の緊急観測画像の集約、解析及び防災ユーザへの提供を一元的に担うポータルサイトの構築 ArcGIS プラットフォームの特徴 ALOS-2 等の緊急観測画像の集約・解析・提供を一元化 防災機(詳細はこちら)

現地調査アプリ活用による各事業拠点の被災状況を可視化・共有

BCP 策定において、ArcGIS は地図上で様々な災害予測データを重ね合わせ、影響分析や脅威分析を行えます。さらにはそういった地図機能に現地調査アプリを組み合わせることで、災害時に自社拠点の被害状況をリアルタイムで把握(詳細はこちら)

企業における災害発生後の被災・復旧状況の確認

状況の理解を促進 災害発生時、対策本部の本部員は被害や応急対応の最新の状況を概観し、迅速で適切な判断を行う必要があります。しかし災害時に集約・整理すべき情報は多様であり、しかもこれらは分単位で更新されていきます。そのよう(詳細はこちら)

企業における災害復旧作業に向けた出社可能な従業員のシミュレーション

ArcGIS Online を活用した BCP(事業継続計画) ArcGIS Online を利用すると、インターネットに接続できる環境と会社の住所と従業員の自宅住所を用意するだけで、BCP 策定に不可欠な情報をすぐに入(詳細はこちら)

企業における災害シミュレーション

ビジネス継続のためのプランニング 我が国においてビジネスを継続させるためには、災害リスクに対して事前に対策を練っておくことが不可欠です。GISを活用して自社が有する位置情報と災害シミュレーションデータとを重ねることで、ど(詳細はこちら)

地球観測衛星の観測機会を把握する

地球観測衛星の観測計画 近年の宇宙利用の活発化の流れにおいて地球観測衛星が取得する画像情報は、広域を俯瞰できる重要な役割を担っています。地球観測衛星は衛星ごとに設計された軌道を進行し、搭載されたセンサーによって地球を観測(詳細はこちら)

1 2 3 4 8

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る