製品 > ArcGIS Online > 活用事例

ArcGIS Online

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

「大東京防犯ネットワーク」防犯情報マップ

東京都

GIS プラットフォームを活用した防犯情報の可視化 ArcGIS プラットフォームの特徴 Webマップとアプリケーションテンプレートを組み合わせ、用途や利用者にあわせた多様なマップの公開を実現 各機関から集約された防犯情(詳細はこちら)

ICT を活用した情報共有による安全安心なまちづくり

千葉県 酒々井町

千葉県酒々井町はArcGIS自治体ライセンスを使い、コストを抑えながら住民サービスの向上を図るための取り組みとして、住民と行政の情報共有庁内プラットフォームを構築し、住む人・来る人へ酒々井町の情報を効果的に発信する「しすいマップ」を公開した。

GISを活用した革新的な市場分析でもたらされた成長

米国フィットネスクラブ大手

米国ニューハンプシャー州ドーバー市に拠点を置く Planet Fitness社(1992年創業)は、最も急成長を遂げているフィットネスクラブフランチャイズである。これまで全米 600 以上の拠点に施設を構え、2012 年(詳細はこちら)

サプライチェーンの情報共有により事業と環境の持続可能性を向上

ブラジル 日用消費財メーカー

パーソナルケア、ビューティケア用品を扱う日用消費財メーカーである Natura(以下、ナチュラ)は、訪問販売と通信販売を行なうことで有名だ。アルゼンチン・ブラジル・チリ・コロンビア・フランス・メキシコ・ペルーに 120 (詳細はこちら)

ボストンマラソン安全対策の要はリアルタイムデータと地図による情報共有

マサチューセッツ危機管理局

ランナー、気象、緊急車両などの位置情報をリアルタイムに可視化 ArcGIS プラットフォームの特徴 ランナー、緊急車両、気象などのリアルタイムデータを、クラウド上に作成したダッシュボードに表示し関係者間で共有 タブレット(詳細はこちら)

ArcGIS Onlineを利用した行政情報の配信による市民サービスの向上と市の魅力発信を目指して

千葉県 船橋市

2000年からGISを利用し始め、現在ではほとんどの部署でGISを利用できる環境が整っている船橋市では、庁内で一元管理されているGISデータを組み合わせて、防災情報をはじめとした市民向けのWebマップアプリケーションを公開している。

電力業界様向け地図を活用したBCP

災害時の事前準備 地図を活用して大規模な自然災害リスクを視覚化することができます。自社拠点や変電所、送配電設備などと災害リスクシミュレーションデータを重ね合わせ、有事の際の対策立案を事前に実施することにより、被害を最小限(詳細はこちら)

地図を活用した送配電設備の維持・管理

送配電の維持・管理 発電施設・変電所・各種ケーブル・電柱など送配電に関連する電力設備を地図を活用して、維持・管理することができます。どのような形態でどのケーブルが敷設されているのか、どこまで定期点検が済んでいるのかなど、(詳細はこちら)

ArcGISプラットフォームを活用した顧客サービスの向上

鳥取ガスグループ

2018年に創業100周年を迎える地元老舗企業が、エネルギーの小売自由化時代を迎え、顧客が安心してガスを利用し続けるための施策として、GISを活用した顧客の防災危機管理、自動検針・集中監視装置の設置計画などの新たな取り組みを開始した。

ビッグデータ活用の最新気象情報システムをクラウドGISで開発

株式会社ハレックス

気象データを独自の解析・予測処理によって作り出されるオリジナルの気象情報システム「HalexDream!」を提供している株式会社ハレックスは、ArcGIS for Develoersを利用することで、これまでよりも詳細な1kmメッシュ単位気象データの特徴を最大限に引き出した表示を実現した。

1 2 3 4 6

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る