製品 > ArcGIS Online > 活用事例

ArcGIS Online

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

『白鳥大橋ハーフマラソン・ウォーク』 運営時の状況認識の統一 イベント記録・PRに GIS を活用

北海道室蘭市

GIS 上で運営中の地理情報を一元的に管理するとともに、調査アプリを用いた写真投稿を実施し、市民向け交流・発信の場を設けた 課題 人員・運営設備情報を紙地図上で管理していたため、更新・活用の工数が膨大であった。 広報資料(詳細はこちら)

ArcGIS を活用したデータ作成/現地調査業務の効率化

JA道央

GIS を用いた農地調査・管理業務で大幅に作業時間・人員を削減 ArcGIS プラットフォームの特徴 保有するデータを GIS データに統一し、現地調査の作業進捗の把握・管理を一元化 課題 経営所得安定対策業務の効率化 (詳細はこちら)

平成 30 年 7 月豪雨における建物被害調査

倉敷市

迅速な住家被害認定調査により、被災された市民の方々の1日も早い生活再建を! 課題 災害発生後の素早いシステム構築 迅速な住家被害認定調査 リアルタイムな調査進捗の把握と管理 導入効果 クラウド GIS の活用により導入決(詳細はこちら)

安全対策に向けた交通事故分析情報の公開と安全教育の地区選定

山形県警察本部

山形県内の交通事故件数の削減に向けた施策立案を行う山形県警察本部 交通部交通企画課(以下、山形県警)では、県内で発生した交通事故情報をArcGISで分析することで、交通事故が発生しやすい地点を把握し、地域の安全対策として交通事故発生状況を山形県警のホームページを通じて公開した。また、例年秋から冬にかけて多発する高齢歩行者の事故対策として、高齢者の住居状況などの統計情報と交通事故状況を重ね合わせた分析を行うなど積極的な GIS 活用に取り組んでいる。

ArcGIS Online を活用した「オンライン授業(GIS 演習)」を開講

放送大学

インターネット環境でいつでもどこでも学べる GIS 課題 面接授業では開講場所・日時が限定されてしまうため、すべての受講者に GIS 演習の提供が困難 導入効果 インターネット経由のオンライン授業により、場所や時間の制約(詳細はこちら)

農業の復興に向けた ArcGIS による 有害鳥獣被害の情報公開と対策立案

福島県 南相馬市

有害鳥獣の目撃・捕獲情報を ArcGIS に取り込み、市民への情報提供を迅速化 農作物などへの被害発生を未然に防ぐための対策立案の検討材料として活用 ArcGIS プラットフォームの特徴 3 つの地区担当職員が目撃・捕獲(詳細はこちら)

ArcGIS Online による顧客への迅速なガス復旧情報の提供

大阪ガス

大規模都市ガス事業者における GIS の先進的活用 ArcGIS プラットフォームの特徴 組織横断的に設備管理、工事対応、BCP 対策、緊急保安対応などに利用 大規模地震発生時のガス供給停止と復旧進捗状況をマップで公開 (詳細はこちら)

医療分野への GIS 導入 ~北九州市立医療センターの挑戦~

北九州市立医療センター

院内 GIS ワーキンググループの発足と平成 30 年 7 月豪雨の遠隔支援による給水所マップの作成 課題 患者サービスの向上や経営分析への地図や GIS の活用 職員が地図や GIS を活用した問題解決手法の理解 給水(詳細はこちら)

現地調査アプリとダッシュボード アプリの連携でいち早く情報を集計

現地調査で収集したデータをリアルタイムに集計 クラウドGIS である ArcGIS Online は、Collector for ArcGIS と Survey123 for ArcGIS の 2 つの現地調査アプリを提(詳細はこちら)

オープンデータカタログサイトの活用

オープンデータをさまざまなフォーマットでダウンロード可能 自治体が公開している、オープンデータの特長のひとつは「二次利用が可能」な事です。できるだけデータ形式を変換・加工することなく利用したいので、提供されるデータ形式は(詳細はこちら)

1 2 3 4 10

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る