製品 > ArcGIS Online > 活用事例

ArcGIS Online

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

札幌市の新型コロナウイルス感染症への対応を ArcGIS Online で効率化

札幌医科大学

ArcGIS Survey123 を中心に、札幌市の感染症対応現場の作業負荷軽減と効率化に迅速に対応 課題 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応における現場業務の負荷 収集データの、個人情報に配慮した可視化と(詳細はこちら)

都道府県別新型コロナウイルス感染者数マップの構築

ジャッグジャパン株式会社

公開 5 か月で約 4,100 万アクセスを集めた国内初の感染状況ダッシュボード ArcGIS プラットフォームの特徴 感染状況の一元的な集約と公開 課題 日本国内での感染状況の可視化 症例のオープンデータ化に対する問題(詳細はこちら)

山地災害対策での ArcGIS プラットフォームの活用

農林水産省 林野庁

オフライン環境でも利用可能なモバイルアプリを活用した迅速な山地災害調査と情報共有の実現 ArcGIS プラットフォームの特徴 オフライン環境でも利用可能なモバイル用アプリ 現場-事務所-他機関とのリアルタイム情報共有 課(詳細はこちら)

ArcGIS Online を活用した現場と災害対策本部を繋ぐ災害対応システム

静岡県 伊豆の国市

現場と災害対策本部の情報連携による発災時の迅速な意思決定を ArcGIS Online が支援 ArcGIS プラットフォームの特徴 現場から報告される災害情報を一元管理し、ダッシュボード形式で可視化 関係者が現況認識を(詳細はこちら)

ArcGIS Online を活用した組織横断的な情報共有プラットフォーム

福岡県 宗像市

職員が考える運用フローに沿った災害対応アプリを職員自ら作成 ArcGIS プラットフォームの特徴 関係組織との横断的な情報共有がリアルタイムで可能に 状況に応じた複数アプリの連動 課題 災害時の情報共有 既存 GIS の(詳細はこちら)

土砂災害の被災地における緊急点検アプリの構築

国土交通省 中国地方整備局

TEC-FORCE が実施する緊急点検の効率化と隊員の安全確保を SMART SABO で実現 ArcGIS プラットフォームの特徴 調査現場や調査本部、本省間の活動状況のリアルタイム共有 位置情報を持った調査内容から報(詳細はこちら)

ArcGIS Online を活用した交通事故情報の公開

熊本県警察本部

県内の安全対策活動として交通事故情報を公開利用者の要望に応え小学校区での表示に対応 課題 県民からの交通事故情報提供のニーズの高まり 導入効果 県内の交通事故発生状況を一般公開 学校での交通安全教室でのマップの活用 概要(詳細はこちら)

ツキノワグマの目撃情報の投稿アプリとマップ公開

秋田県

住民の安全安心な生活のためツキノワグマなどの野生動物の出没情報の公開に ArcGIS Online を活用 課題 野生生物の目撃情報の収集と情報公開 導入効果 住民のツキノワグマの目撃情報マップの利用増加 ツキノワグマの(詳細はこちら)

国際協力プロジェクトで採用された ArcGIS Online の効果

玉野総合コンサルタント株式会社

約 100 万棟に及ぶ建物現況調査はいかにして遂行できたのか 課題 海外における効率的な建物現況調査 導入効果 調査の DX を実現 クラウド利用による作業の効率化 概要 玉野総合コンサルタント株式会社(以下、玉野総合コ(詳細はこちら)

建築/土木工事、不動産等の情報を一元化した組織の
GIS プラットフォーム構築

株式会社フジタ

ユーザーとの対話的なアプリ作成により業務が効率化 ArcGIS プラットフォームの特徴 建築工事、土木工事、不動産等の情報を一元的に管理し、社内のあらゆるシステムと連携する、部門を超えた GIS プラットフォームを構築 (詳細はこちら)

1 2 3 4 12