製品 > ArcGIS Maps for Office > 製品詳細 > Excel データをさまざまな表現で可視化

ArcGIS Maps for Office

Excel データをさまざまな表現で可視化


Excel データを表現

Excel データを最適なスタイルで表現

Excel データが持つ属性情報に応じてサイズや色などで分類するができます。たとえば、店舗別の売上情報や顧客の店舗の利用回数をシンボルの大きさを表現したり、建物の地区年数や地価のデータを色の濃淡で表現することができます。(画面をクリック)


Excel データをクラスタリング

Excel データをクラスタリング

データをクラスタリングすると、マップ上にある多数のポイントデータをグループで集約して、ポイントの分布(まとまり)をわかりやすく表現でき、多数のデータの表示する際に効果的です。また、グループに分類されているデータでは、内訳をパイチャート形式で表現することもできます。たとえば、契約内容別の顧客分布を確認することができます。(画面をクリック)


ヒート マップ

集中エリアをヒート マップで表現

ヒート マップでは、ポイント データの集中度合を、グラデーションの変化で表現することができます。集中エリアや分散しているエリアをわかりやすく表現することができます。(画面をクリック)


タイムアニメーション

時間の経過をアニメーションで表現

タイム アニメーション機能を使用すると、日付・時間を含むデータの時間の経過に伴う変化をマップ上で確認することができます。たとえば、台風が移動した軌跡や、最近 1 ヶ月以内で起きた地震の場所をアニメーション機能を利用して把握することができます。(画面をクリック)

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る