製品 > ArcGIS Desktop > 新機能

ArcGIS Desktop

新機能

進化を続ける ArcGIS Pro – ArcGIS Pro 2.0

注記テキスト(アノテーション)の作成、編集に対応

ArcGIS Pro で、動的な注記テキスト(ラベル)から静的な注記テキスト(アノテーション)に変換し、編集することができるようになりました。 注記テキストの内容や形状を個別に編集し、より見栄えの良いマップを作成できます。

 

3D オブジェクト(マルチパッチ)の作成、編集に対応

対話的にマルチパッチ フィーチャを作成、編集できるようになりました。マルチパッチ フィーチャの作成時にガイドが表示され、自由に 3D 形状を作成することができます。

 

チャート機能の拡張

作成できるチャートの種類が追加され、箱ひげ図に対応しました。また、チャートに表示するデータをマップの表示範囲などで絞り込む機能が追加されました。マップ シリーズを設定しているレイアウトに追加すると、ページと連動してチャートの値も更新されるように機能拡張されています。

その他、右クリックからアクセスできるメニューの充実など、ユーザーからリクエストの多かった機能が実装され、操作性が向上しています。その他の新機能の詳細はヘルプをご参照ください。
ArcGIS Pro 2.0 の新機能
ArcGIS Desktop 10.5.1 の新機能

 

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る