製品 > ArcGIS Pro > 新機能

ArcGIS Pro

新機能

ArcGIS Pro 2.9

ダイナミック フィーチャ クラスタリング

ダイナミック フィーチャ クラスタリング

縮尺と範囲を変更してポイント フィーチャを動的に集約します。縮尺の閾値とクラスター間の距離を設定することで、クラスタリングの量を制御できます。

 

アニメーション シンボル

アニメーション シンボル

アニメーション シンボル レイヤーをシンボルとして設定し、動きのあるシンボルを設定することができます。アニメーション GIF (.gif) または glTF (.glTF) ファイルから独自のアニメーション シンボルを作成し、設定することも可能です。

 

視覚効果 イルミネーションの改良

イルミネーションの改良

イルミネーション機能が改良され、リボンからスライダーとカレンダーで対話的に日時を変更することが可能になりました。

 

PDF → TIFF ジオプロセシング ツール

アニメーション シンボル

PDF ファイルから TIFF 形式に変換するジオプロセシングツールが追加されました。入力 PDF ファイルにジオリファレンス情報が含まれている場合、出力 TIFF ファイルは GeoTIFF にすることができます。

 

Presence-only 予測

アニメーション シンボル

存在が確認されている地点とそれを説明するレイヤーを組み合わせて潜在的な存在地点を予測することができます。たとえば、植物の生態学者が、ある植物種の存在場所のデータを収集し、より広い調査地域におけるその植物の存在場所を予測したいとします。生態学者は、植物の既知の場所と、降水量や日射量などの基本的な要因を用いて、その植物種が存在する可能性の高い場所を予測することができます。

 

その他、ユーザーからリクエストの多かった機能の実装や、新しい解析ツールが追加されています。その他の新機能の詳細はヘルプをご参照ください。
ArcGIS Pro 2.9 の新機能