製品 > ArcGIS Desktop > 新機能

ArcGIS Desktop

新機能

進化を続ける ArcGIS Pro – ArcGIS Pro 1.4

写真測量処理が可能に

一連のオルソ マッピング ツールを使用して、衛星画像、航空写真、ドローンなどで撮影された画像から点群データ、標高ラスター、オルソ モザイク画像などを生成できるようになりました。 ウィザード形式でオルソ マッピングの処理を実行することができ、結果のレポートも確認できます。
※実行には Advanced ライセンスが必要です。

 

共有機能の強化

点群データを ArcGIS Online や Portal for ArcGIS に共有し、Web シーンとして公開できるようになりました。また、ArcGIS Pro で作成した解析モデルなどを Web ツールとして Portal for ArcGIS に公開できるようになりました。
Web ツールを使用すると、GIS の解析タスクを組織内で共通化および簡便化することができます。

 

より柔軟な設定やカスタマイズ

インターフェイスの設定で、ハイ コントラスト モード(暗色)を選択できるようになりました。また、ArcGIS Pro SDK 1.4 では、これまでの ArcGIS Pro モジュール アドインに加えて ArcGIS Pro 構成管理が利用できるようになり、スタート画面やインターフェイスをユーザーの利用に応じて独自にカスタマイズできるようになりました。

新機能の詳細はこちらをご参照ください。
ArcGIS Pro 1.4 の新機能

ArcGIS Desktop 10.5 の新機能

 

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る