製品 > ArcGIS Desktop > 新機能

ArcGIS Desktop

新機能

進化を続ける ArcGIS Pro – ArcGIS Pro 2.1

3D での操作がより便利に

新しく追加された 3D データに対する対話型の可視解析ツールでは、すばやく見通しや可視領域などの解析を実行することができます。また、3D 環境でのデータ編集用のグリッド表示により、高精度なデータ作成が可能になりました。3D データの表示モードが追加され、製図や科学データの表示に適した等角図法で表示することもできます。

 

動的なテーブルの追加

レイアウトにテーブルを追加できるようになりました。表示フィールドのオン/オフや並べ替えに加え、背景や枠線などのデザインも詳細に設定することができます。属性テーブルを使用している場合は、マップの表示範囲に合わせて動的なレコードのフィルタリングも可能です。

 

ModelBuilder の条件分岐ツール

ModelBuilder に論理ツールセットが追加され、If-Then-Else を使用した条件分岐をモデルに追加できるようになりました。データの状態に応じて、どの処理を実行するかを制御することができます。

 

その他、ユーザーからリクエストの多かった機能の実装や、新しい解析ツールが追加されています。その他の新機能の詳細はヘルプをご参照ください。
ArcGIS Pro 2.1 の新機能

 

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る