ニュース > ArcGIS API for Python の新バージョンのサポートを開始

ニュース

ArcGIS API for Python の新バージョンのサポートを開始

 

2019 年 12 月 6 日に ArcGIS API for Python のバージョン 1.7.0 の国内サポートを開始しました。

今回のアップデートでは GPJob クラスが新たに追加されました。このクラスはジオプロセシング関連のメソッドを実行する際に future パラメーターに True を指定することで作成され、非同期処理を可能にします。

また、find_routesfind_closest_facilities メソッド等で解析結果のルート データを保存することが可能になりました。保存されたルートデータを元に、こちらも新たに追加された create_route_layers メソッドを使用してポータル上にルート レイヤーを作成することができます。

ArcGIS API for Python の新バージョン

また arcgis.learn モジュールに 4 つのクラスが追加され、ディープ ラーニングで物体検出、画像セグメンテーション等の学習をする際に様々なアーキテクチャを選択可能になった他、これまで実装されていなかった動画内の物体を検出するためのメソッドも追加されています。

その他にも多数の機能追加と不具合修正が行われています。詳しくは、ArcGIS API for Python の新機能ページをご覧ください。

掲載種別

関連製品

掲載日

  • 2019年12月6日

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る