ニュース > ArcGIS API for Python の新バージョンのサポートを開始

ニュース

ArcGIS API for Python の新バージョンのサポートを開始

 

2019 年 7 月 24 日に ArcGIS API for Python のバージョン 1.6.1、1.6.2 の国内サポートを開始しました。
今回のバージョンアップでは、集水域の作成や下流解析を行う水文解析のモジュール (arcgis.features.hydrology) が追加されました。このモジュールでは ArcGIS Online 上で Esri が提供する標高データが用いられます。

また、ディープ ラーニングに関するクラス (arcgis.learn.UnetClassifier) も新たに追加され、U-net と呼ばれる手法を用いて衛星画像等の分類 (画像セグメンテーション) のためのディープ ラーニング モデルを作成することができるようになりました。

 


U-net によるディープ ラーニング モデルの学習

その他に、find_hot_spot() でホットスポット分析を実行する際に、集計に用いるポリゴンの形状を四角形 (フィッシュネット) か、六角形で選択できるようになっています。

 

その他にも多数の機能追加と不具合修正が行われています。詳しくは、ArcGIS API for Python の新機能ページをご覧ください。

掲載種別

関連製品

掲載日

  • 2019年7月24日

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る