ニュース > 宇宙航空研究開発機構(JAXA)、GIS テクノロジーの先進的利用を進める団体に贈られる「SAG賞(Special Achievement in GIS Award)」を受賞

ニュース

宇宙航空研究開発機構(JAXA)、GIS テクノロジーの先進的利用を進める団体に贈られる「SAG賞(Special Achievement in GIS Award)」を受賞

 

GIS(地理情報システム)ソフトウェア国内最大手(*1)の ESRIジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:正木千陽)は、7 月 9 日(月)~ 7 月 13 日(金)に米カリフォルニア州サンディエゴで開催中の「2018 年 Esriユーザー会」(*2)の席上、宇宙航空研究開発機構(以下、「JAXA」)が「SAG 賞(Special Achievement in GIS Award」を受賞したことを発表しました。

 

世界中から約 17,000 人が参加したイベントで JAXA が受賞の栄誉
~災害時の情報を集約・提供するポータルサイト「だいち防災 WEB ポータル」~


「Esriユーザー会」は、世界各国から約 17,000 人が参加する世界最大規模の GIS イベントです。「SAG 賞(Special Achievement in GIS Award)」は、米 Esri 社が世界 30 万以上の企業や政府機関、自治体、教育・研究機関の中から先進的かつ革新的な GIS の導入および活用によってコミュニティや社会の変革に貢献したと認める団体を表彰するものです。

JAXA の衛星利用運用センターでは、災害時に取得するだいち 2 号(ALOS-2)等の緊急観測画像の集約、解析及び防災ユーザーへの提供を一元的に担うポータルサイト「だいち防災 WEB ポータル」を構築し、2017 年度より本運用を開始しました。

「だいち防災 WEB ポータル」は、オンライン配信により迅速なデータ提供及び情報共有を可能にしました。また、外部機関の防災情報システムとの連携を容易にし、被害推定システムや地理情報/衛星画像プロバイダーが配信する静的/動的情報をリアルタイムに取り込み、衛星画像プロダクトへの重ね合わせを実現しました。

今回の「SAG賞(Special Achievement in GIS Award)」受賞は、「だいち防災 WEB ポータル」により、衛星画像から得られた災害情報や外部機関から配信される情報の集約・解析・提供を一元化したことで、災害対応現場への迅速な情報提供を可能にしたことが高く評価されたものです。

■「だいち防災 WEB ポータル」の詳細はこちら

 

(参考) 2018 年のおもな「SAG賞」受賞団体

「SAG 賞」受賞者リスト一覧(英文)

 

 

*1 テクノシステムリサーチ調べ

*2 「2018 年 Esriユーザー会」=「2017 Esri International User Conference」:約 120 ヶ国から約 17,000 人が参加。2018 年は 7 月 9 日(月)~ 7 月 13 日(金)に米カリフォルニア州サンディエゴで開催

 

この件に関するお問い合わせ先

ESRIジャパン株式会社
Tel: 03-3222-3941
Fax: 03-3222-3946
お問い合わせはこちら

掲載種別

関連業種

  • 情報公開
  • 政策支援


掲載日

  • 2018年7月13日

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る