事例 > 商圏分析

活用法

商圏分析

 

商圏分析とは、国勢調査などの情報をもとに、出店候補地や既存店周辺の市場調査し、地域特性を把握するために行う分析です。商圏分析に GIS を活用することで、効率的に分析を行えるだけではなく、きめ細かい分析が可能になります。

商圏分析の基本ステップ

自社データのマッピング

店舗や顧客情報を住所や郵便番号をもとにして、地図上に展開することができます。地図上に自社情報をマッピングすることで、顧客の分布状況や競合店との関係などを俯瞰することができ、商圏分析を進める上での第一歩となります。

自社データのマッピング

最適な商圏の作成

小売業やサービス業における店舗の商圏範囲は、店舗規模や立地環境、駐車場の有無などにより、商圏設定にいくつかのパターンが必要になります。単一商圏に限定せずに、既存店の顧客分布を加味して実勢商圏を把握するなど、最適な商圏範囲を設定することが重要です。

商圏分析メッシュ

統計情報の集計

商圏特性を把握するために、国勢調査などの統計データを商圏との位置関係をもとに集計します。
コンビニエンスストアやドラッグストアなどの小さな商圏をもつ店舗の商圏分析では、商圏内の情報を精度良く集計することが、その後の判断に重大な影響を及ぼします。そのためには、国勢調査の最小単位である「基本単位区データ」を用いるなどして、町丁目内の人口の偏りを加味するなどの工夫が必要です。

基本単位区の活用

商圏レポートの活用

国勢調査などの統計データを商圏ごとに集計した結果と地図情報を商圏レポートとして出力することで、市場ボリュームや地域特性を容易に把握できるようになります。その際に、統計データだけでなく、ユーザー特有の業界情報や顧客情報を加えることで、より深い洞察を得ることができます。このような商圏レポートを、簡単な操作感で取得し、その後の業務にすばやく繋げることが重要です。(商圏レポート画像はサンプルです。)

商圏レポートの活用

商圏分析結果の共有

商圏分析の結果を店舗開発や商圏分析の担当者のみだけではなく、経営層などの意思決定者に情報を提供する必要があります。その際に、従来通り、商圏レポートを紙で印刷して配布することもできますが、クラウド GIS を活用することで、Web ブラウザを通じた効率的なマップでの情報共有を容易に開始することができます。

商圏情報の共有(OperationsDashborad)

※画像をクリックすると Web アプリが表示されます。

 

商圏分析の応用例

販促計画

販売促進計画での活用

店舗活性化のためにチラシ配布やポスティングなどの販売促進を行います。商圏分析を行うことで、効率的にターゲット層にリーチするための販促エリアの抽出を行い、販売促進における費用対効果(ROI)を向上させます。

需要予測/売上予測

需要予測での活用

店舗の需要予測や売上予測を行う上で、競合店の影響を加味する必要があります。商圏分析において競合店情報を集計することに加え、ハフモデル分析や重回帰分析を行うことで、より高度な分析が可能になります。

関連リンク

 

関連用語

 

エリアマーケティングの分析例





関連製品

商圏分析・エリアマーケティング特化型GIS

マップの作成・共有を実現するクラウドGIS

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

03-3222-3941

受付時間 9:00 – 17:00
(土日祝日、弊社指定休業日を除く)

ご購入前のデモ希望、価格・見積、活用に関するご相談など

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2016年3月1日

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る