事例 > 売上予測/需要予測の実践

活用法

売上予測/需要予測の実践

 

店舗の需要予測や売上予測を行う中で、GIS はデータを分析・集計するための有効なツールになります。売上予測を本格的に行うには、業種や業態、または目的に応じて手段や方法を使い分ける必要がありますが、ここでは GIS を用いた需要予測/売上予測の代表的な例をご紹介します。

ハフモデルの活用

「近くて魅力度の高い店舗ほど顧客を吸引できる」という仮定のもと、競合店や需要地点の位置関係を加味して、消費者が買い物をする確率である「吸引率」を算出する手法をハフモデルといいます。この吸引率に市場の潜在需要を掛け合わせることにより、出店地域や店舗統廃合を検討しているエリアの需要予測シミュレーションを行うことができます。

ハフモデル

 

重回帰分析でモデルの構築

重回帰分析を利用して、売場面積や駐車場台数、商圏人口などの多くの要素から予測モデル式を構築して、店舗売上予測を立てることができます。構築したモデルに必要な項目を、出店候補地に対して抽出し、その情報を基に需要予測を行い、出店を検討する際の材料として活用できます。
重回帰分析

 

関連リンク

 

関連用語

 

エリアマーケティングの分析例





関連製品

商圏分析・エリアマーケティング特化型GIS

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

03-3222-3941

受付時間 9:00 – 17:00
(土日祝日、弊社指定休業日を除く)

ご購入前のデモ希望、価格・見積、活用に関するご相談など

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2016年3月1日

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る