事例 > 地球観測衛星データの利活用

活用法

地球観測衛星データの利活用

 

データの質と量が飛躍的に向上しビッグデータ化する地球観測衛星データの利活用を支援する GIS プラットフォームを提供。

活用方法

画像データの高速な解析処理ツール「ラスター関数」

画像データの高速な解析処理ツール「ラスター関数」

ArcGIS では画像データ(以下、ラスター)を解析するツールとして、主にジオプロセシング ツールを使用する方法と、ラスター関数を使用する方法があります。
詳細はこちら

衛星画像の活用(変化抽出)

衛星画像の活用(変化抽出)

画像判読の手法として Change Detection(日本語にすると「変化抽出」や「変化検出」)という、基本的なカラー合成を利用して 2 時期の変化を抽出する方法があります。
詳細はこちら

イメージサービスの活用を支援する Web アプリ

イメージサービスの活用を支援する Web アプリ

ArcGIS Online では、イメージサービスを利用する Web アプリを構築するためのアプリテンプレートが提供されています。

詳細はこちら

画像とリモートセンシング

画像とリモートセンシング

リモートセンシングは、遠隔から対象物に触れずに計測する技術です。ArcGIS は、リモートセンシング画像の管理、処理、解析、共有を通じて価値ある情報を抽出するための包括的プラットフォームです。
詳細はこちら

関連リンク

関連業種

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2018年8月30日

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る