事例 > 地域特性を生かした商品提案をすることで、他社との差別化を図る

活用法

地域特性を生かした商品提案をすることで、他社との差別化を図る

 

提案内容に付加価値を

営業活動において、付加価値のある提案を行うことは大変重要な要素になります。
流通・小売り向けに商品を卸しているメーカーや商社にとっても同様で、商品力にのみ頼った営業活動だけでは競合に対して優位な地位を確保できなくなりつつあります。

そこで、提案における付加価値の一つとして挙げられるのが「地域特性」です。
あらゆる店舗へ画一的に商品を提案するのではなく、各店舗の地域特性を考慮し、その特性に沿った商品提案を行うことで競合他社との差別化を図ることができます。

取引先店舗の商圏特性を把握し、チェーン本部への品揃えや売場提案の資料に活用

例えば、特定の地域内に複数の店舗を持つチェーン本部に対し、品揃えや売り場提案を行う場合に役立ちます。
チェーン各店舗の立地商圏を年齢・世帯構成から分析し、 単身若年/ファミリー/シニア 等のタイプ別に分類。これによって、それぞれの店舗に対してタイプに合った売り場づくりの支援や提案に活用することができます。

① 得意先分析:得意先店舗商圏を一括作成し、グルーピングに使用する統計情報を取得

② 店舗をグルーピングした定型レポート帳票:各タイプに該当する店舗が一覧で出力

③ グラフチャートによる情報収集:各商圏における年齢や家族構成、所得等の構成比較

mapDISCOVERY なら、簡単に、素早く

このように、店舗毎の商圏分析を行うことで周辺に住んでいる人たちの年齢層や年収・消費動向を把握し、その分析結果に応じた商品提案を行うことができます。
そしてこれらは統計データを基づく調査結果であり、提案内容に十分な説得力を与えることができます。しかも GIS クラウドサービス「mapDISCOVERY」なら、簡単に、素早く、これらのアウトプットを得ることができます。

 

mapDISCOVERY

 

関連リンク

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2017年11月15日

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る