製造業 GISソリューション

 

顧客をもっと理解する

Esri社の GIS プラットフォームを利用することで、地域への訴求度合や重点顧客の獲得状況などのKPIを地図上で表現でき、マーケティングの進捗が簡単に把握することができます。
店舗開発や販売店の開拓、ポスティングなどの広告戦略、リテールサポートなど、エリア戦略に欠かせません。

概要

商圏分析を切り口に提案の差別化

商圏分析を切り口に提案の差別化

大手飲料メーカーのユーシーシーフーヅは、カフェやレストランなどの外食店へ総合的な提案・経営サポートにおいて、顧客の課題解決の切り口として商圏分析を活用し、トータルなサービス提供を行っている。

→ 詳細はこちら

商圏分析によるリテールサポート業務

チェーン店や取引先店舗への提案営業

取引先店舗に対して商品の営業を行う際、説得力のある資料が必要です。統計データを活用して各店舗の地域特性を把握し、その結果に基づく提案を行うことで競合他社との差別化を図ることができます。

→ 詳細はこちら

 
地域の産業構造の特徴を把握

地域の産業構造の特徴を把握

経済センサスデータを用いて統計的に有意に産業が集まっているかを「ホットスポット分析」により傾向が顕著に把握できるようになり、戦略立案に役立てられます。

→ 詳細はこちら

商圏特性を活かした製品訴求

商圏特性を活かした製品訴求

地域の消費者のデモグラフィック属性、家族構成、世帯特性、などの情報を地図上で表示・分析すると、地域へ理解が深まり、その地域に反響がでやすい製品を見つけることが可能になります

→ 詳細はこちら

 

特長

可視化

自社の見込み客データを地図上で可視化することで、地域内の状況を正確に把握するが可能です。

課題発掘

調査データと自社データを組み合わせ、地図上で分析することで、顧客への理解が深くなり、新しい課題を得ることができます。

最適なサービス

顧客とのすべての接点を分析し、深く理解することで、顧客へ最適なサービスを提供することが可能になります。


動画

スターバックス(英語)

GISがラテの売上に貢献

再生時間: 13:28

ソリューション

ArcGIS Business Analyst

ArcGIS Business Analyst

商圏分析などの一般的に行われるエリアマーケティングから、店舗候補の適地選定シミュレーションやハフモデル・重回帰分析を用いた売上予測などの高度なエリアマーケティングを可能にします。また、蓄積された顧客情報や購買情報を取り込みことで、商圏内の地域特性を理解し、品揃えの最適化等に活用することが可能になります。

ArcGIS Business Analyst の詳細を見る

ArcGIS Online

ArcGIS Online

ArcGIS Onlineを使うことで、最新の情報を全社で簡単に共有できます。世界中のどこにいても、すぐに最新の情報が手に入り、素早い対応が可能になります。ArcGIS Onlineのデータは、Esri社のセキュアなクラウドで管理され、世界中のどこからでもアクセスが可能です。

ArcGIS Online の詳細を見る

地図活用ハンドブックのお申し込みはこちら

お問い合わせ

お気軽にご相談ください

03-3222-3941

受付時間 9:00 – 17:00
(土日祝日、弊社指定休業日を除)

ご購入前のデモ希望、価格・見積、活用に関するご相談など

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る