イベント > Esri ユーザー会 > Esri ユーザー会(Esri UC 2018)

Esri ユーザー会(Esri UC 2018)

 

Applying
The Science of
Where

サンディエゴ国際会議場
2018年7月9日~13日

2018 年 7 月 9 日(月)~ 13 日(金)、世界最大のGISイベント「Esriユーザー会」が、米国カリフォルニア州サンディエゴにて開催されました。今年は、142 ヵ国から 17,000 名以上の Esri 製品ユーザーが参加し、日本からも 100 名を超える参加者がありました。

「GIS—Inspiring What’s Next」をテーマにEsri社社長 ジャック・デンジャモンド氏の挨拶でスタートしたプレナリーセッションでは、ArcGIS Pro をはじめとする ArcGIS の最新情報や、事例、デモ等が数多く紹介されました。

基調講演では、生命科学の経済的、政治的影響に関する研究で権威のある Juan Enriquez 氏が、私たちはインテリジェンス デザインの時代に入っており、プログラム可能な生命体を作ること、また、ヒト脳マッピングを作成する取り組みが既に行われていることについて講演しました。

第 2 日目からは、ユーザーによる事例発表や、300を超えるテクニカルワークショップが開催された他、広大な展示ブースでは、Esri 社、スポンサー企業、NPO 団体等による展示やGISソリューション展示、デモセッション等が行われました。

GIS テクノロジーの先進的利用を進める各国の団体に贈られる SAG 賞(Special Achievement in GIS Award)は、日本からは宇宙航空研究開発機構(JAXA)様が受賞されました。
宇宙航空研究開発機構(JAXA)様 SAG 賞プレスリリース

GISを使った研究を行っている優れた学生を表彰する Esri Young Scholars Award は、早稲田大学 創造理工学部 藤沼様が受賞されました。
受賞者の体験記

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る