事例

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

製品
活用事例

GIS が広げる行政、企業、住民の協調による地域の環境問題解決の可能性

慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス 厳研究室

地域環境ガバナンスのためのGISツールの適用 GISベースのエコマップで地域緑地のエコロジカルなサービスを定量評価し、地域環境計画の策定、住民参加型のまちづくり、地域環境ガバナンス実現への活用をめざす。 慶應義塾大学では(詳細はこちら)

感染症コイヘルペスウイルス病のリスクの可視化

水産総合研究センター 中央水産研究所

水産資源を襲った感染症。GIS によるリスクの可視化で蔓延を防ぐ。 平成15年10月。突如、コイヘルペスウイルス病が発生。全国の鯉養殖関係者に激震が走った。全国的な蔓延防止に不可欠な発生状況の調査が都道府県で開始された。(詳細はこちら)

行政機関・個人から提供される空間データ・サービスをワンストップで入手

米国連邦政府

Geospatial One-Stop ポータル – 米国連邦政府のGIS ポータル – Geospatial One-Stopポータルは、行政業務・サービスの向上、政策立案サポートを目的に200(詳細はこちら)

チェルノブイリ原子力発電所事故の影響解析

米国Esri社

目に見えない放射能の影響をGIS、地球統計学で解析し、健康と安全を守る。 1986年の未曾有の大事故でヨーロッパ中に撒き散らされた放射能の影響は、20年近く経った今も消えた訳ではない。事故直後の初動対応から長期的な影響把(詳細はこちら)

新鮮かつ精度の高い地図データを効率的に作成できる環境を実現

インクリメントP

ArcGIS を活用したカーナビゲーション地図データ編集システム カーナビ用地図ソフト開発及びインターネット地図閲覧サービスのトップの座をひた走るインクリメントP株式会社。同社では、現実世界の変化にスピーディーに対応し、(詳細はこちら)

つくばの変遷に関する研究

茨城県立並木高等学校

ArcView で自分達の学校があるつくばの変遷を解析 明治16年作成の美しいフランス彩色のつくば地形図の復刻版を見たときに、現在から120年前のつくばが一体どんなところだったのかという思いが膨らんだ。生徒たちはそんな思(詳細はこちら)

新しい情報基盤としてのGISを活かした先端的教育と情報発信

立命館大学 衣笠キャンパス

高度なGIS 教育プログラムを通してGISの普及、スペシャリストの輩出に貢献する 日本国内においてGISはあらゆる場面で活用され、その重要度はますます増している。社会におけるGIS技術者のニーズが高まる中、立命館大学は日(詳細はこちら)

九州大学自律分散型空間情報基盤システム

九州大学大学院工学部 環境システム科学研究センター 地圏環境研究室

学術研究都市の空間情報基盤づくりを目指す空間情報システム 自律分散型空間情報基盤システムは,学内はもとよりインターネットを通じて誰もが,九州大学に関する情報を共有できる環境を提供するシステムである。 九州大学での自律分散(詳細はこちら)

国立公園の利用者管理へむけたGISの活用

横浜国立大学 ベンチャー・ビジネス・ラボラトリー

自然公園の生態系を守るため、利用実態の把握・管理にGIS を有効活用 「GISを活用した自然公園の利用者管理支援システム」により、利用情報を適切に管理し、生態系を破壊しない適正利用のための計画・管理の実現を探る。 横浜国(詳細はこちら)

身近な地域資料とGISで子どもの学びを引き出す

上越地域情報学校教育支援センター

「地域の子は、地域で育てる」を合言葉に、GIS を活用した地域連携教育を実施 上越地域では、地域学習において物事の位置関係や関連事象を総合的に捉えることができるGISに着目。2002年よりNPO上越地域情報学校教育支援セ(詳細はこちら)

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る