トレーニング > 価格・コース一覧 > デスクトップ GIS コース > Spatial Analyst 解析

トレーニング

Spatial Analyst 解析

GIS でラスターを使った空間的な解析をしたい方を対象に、GIS 解析の流れを理解し、ArcGIS Spatial Analyst を用いたラスター解析の機能を習得します。

  • コース番号:ET11
  • 形式:講義 + 演習
  • 開催形態:定期 東京・大阪リモートライブオンサイト
  • 期間:2日間 / 時間:10:00~17:30
  • 定員:10名

対象者情報

対象者

  • GIS を使って高度な解析をしたい方
  • ラスターを用いた解析をしたい方
  • 適地選定を行いたい方
  • 環境や自然、災害に関する解析を行いたい方

前提知識

  • 「ArcGIS Desktop Ⅰ入門編」、「ArcGIS Desktop Ⅱ基礎編」、 「ArcGIS Desktop Ⅲ応用編」 を受講済である、または同等の知識を有する

内容

  • GIS の解析フローを学ぶ
  • ModelBuilder を使って解析フローを自動化する
  • ラスターの仕組みを理解する
  • ベクターとラスターの解析の違いを理解する
  • 内挿処理を使って空間的な広がりを解析する
  • 標高データからさまざまなラスター(傾斜角、傾斜方向、日射量など)を作成する
  • ラスターを使った距離の分析を行う
  • 複数のラスターを用いて適地選定を行う
  • 標高データから水の流れを解析する

コーステキスト

使用製品

11_training-PAAG

関連コース

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る