製品 > ArcGIS > 新機能

ArcGIS

新機能

地理空間情報の利活用をあらゆる環境で

ArcGIS 10.6 & ArcGIS Pro 2.1   6 月リリース

ArcGIS Pro

GIS プロフェッショナルのための高度な機能を提供

ArcGIS Desktop アプリケーションの「ArcGIS Pro」バージョン 2.1 では、新しい解析機能や、データ操作に関するさまざまな機能が追加されました。
3D データに対する対話型の新しい可視解析ツールでは、すばやく見通しや可視領域などの結果を得ることができます。
また、製図や科学データの表示に適した等角図法で 3D データを表示することができるようになりました。
その他、ユーザーから要望の多かった機能が多数追加され、特にテーブル操作では、レイアウト上でのデザインの変更やデータの自動フィルターなど、多くの機能強化が図られています。

 

ArcGIS Enterprise

指定ユーザー レベル 1 ライセンスが無償化

2018 年 3 月 より、ArcGIS Enterprise のポータル サイトで利用可能な指定ユーザー レベル 1 ライセンスが無償化されました(ArcGIS Enterprise Workgroup では、指定ユーザーの合計数が 10 までに制限されます)。 これにより、ポータルサイトでセキュアに共有された GIS コンテンツをより多くのユーザーが利用可能となりました。
ArcGIS Enterprise 10.6 では、Web GIS の GIS エンジンとなる ArcGIS Server が改善され、ArcGIS Server サイト作成やサービス公開など多くの管理機能のパフォーマンスが向上しました。
その他にも、コマンドライン ツールを利用した ArcGIS Enterprise 構築の自動化、Portal for ArcGIS のポータルサイトの UI/UX の改善による操作性の向上、新しい印刷サービスとホスト フィーチャ レイヤーのビュー作成など、機能が拡張されています。


1: ライセンスを取得する場合は、必要なユーザー数をご連絡ください。
2: 指定ユーザー レベル 1 とレベル 2 の合計数が最高で 10 に制限されます。

 

ArcGIS Online

進化を続けるクラウド GIS

2018 年 4 月のバージョン アップでは操作性の向上に加え、3D とアプリに多数の機能拡張が行われました。

ユーザビリティ:グループ コンテンツや組織全体のコンテンツを整理する新しい方法として、カテゴリの設定が追加されました。また、マップ ビューアーのレイヤーを追加する操作性が改善され、検索結果をテーブル ビューやリスト ビューで表示でき、結果の並べ替えやフィルターが可能になりました。

3D:シーン ビューアーのパフォーマンスの向上、 3D 上での距離・面積計測、建物形状の詳細を表現できるエッジ表示、モバイルでの表示が可能になりました。

アプリOperations Dashboard for ArcGIS の Web 版で、フィルター設定、動画やファイルの埋め込みに対応しました。テンプレート アプリではストーリー マップツアーの新しいレイアウトの追加、Web AppBuilder では指定した範囲に格子線を作成するインデックス格子線グラフィック ウィジェットなどが追加されました。

 

ArcGIS Apps

現地調査用アプリがさらに充実

Survey123 for ArcGIS :昨年秋からの数回にわたるアップデートにより、調査票による調査の作成から実施、集計までをすべて Web ブラウザーで行うことができるようになったほか、複雑な調査票を設計するためのデスクトップ アプリもさらに高度な設定や機能が充実しました。

Collector for ArcGIS :昨年秋に利用可能になったバージョン 17.0.3 、17.0.4 では、高精度 GPS との連携機能の強化や、取得データの精度や品質を向上させるための機能も加わりました。

Explorer for ArcGIS :今年の 2 月に利用可能になったバージョン 18.1.0 で、ナビケーション機能もますます充実し、操作性も向上しました。

さらに、現地調査業務を支援するアプリとして、Workforce for ArcGIS のリリースを今夏に予定しています。オフィスでの作業員への作業指示や作業の進捗、現地での作業の確認を支援するアプリで、Survey123 for ArcGIS や Collector for ArcGIS と連携して利用可能です。

 

Insights for ArcGIS

直感的操作でデータの可視化・分析ができる Web アプリ

ドラッグ & ドロップの簡単操作で、データの可視化・空間分析ができる Web アプリケーション Insights for ArcGIS が、2018 年3 月に ArcGIS Online でも利用できるようになりました。
直感的な操作でデータをグラフや表、マップで可視化してデータの特徴を分析することができます。また、ArcGIS Online で提供される背景地図や統計データ、境界データを利用することができ、到達圏分析や空間集約などの空間分析も実行することができます。
データの可視化・空間分析により、データの持つ属性および空間的な特徴を、Insights for ArcGIS ですばやく把握することができます。

 

ArcGIS API for Python

マッピングと解析のための強力な Python ライブラリ

ArcGIS API for Python は、ArcGIS Online や Portal for ArcGIS といった Web GIS で管理されるコンテンツにアクセスし、Web マップ作成、ベクターおよびラスター解析、ジオコーディング、交通ネットワーク解析といった豊富な GIS の機能を実行できる Python ライブラリです。
また、Web GIS の管理者がコンテンツやユーザー/グループの管理作業を自動化するために用いることもできます。
結果を記録しながらコードを実行できるツール「Jupyter Notebook」で Pandas や NumPy などの科学的ライブラリも駆使しながらデータを作成、解析・分析することができますので、Web 上に公開されているさまざまなデータと ArcGIS のコンテンツを組み合わせて活用することができます。

※ArcGIS API for Python の国内サポート開始は 2018 年初夏を予定。

 

データコンテンツ

さまざまな環境ですぐに使える最新のデータを提供

すぐに利用できる背景地図、ジオコーダー、道路ネットワーク、統計データをArcGIS Online より提供しています。これらデータは随時更新しており、常に新しいデータをお使いいただけます。また、標高データは、日本部分で 5m と 10m 精度の数値標高モデル(DEM)への更新が行われ、誰でもすぐに高精度な標高データを使った解析が、今夏できるようになる予定です。
さらに、信頼性の高い世界中のコンテンツを集めたカタログ Living Atlas of the World も拡充を図っています。ESRI ジャパン データコンテンツ(オフライン データ製品)においては、最新の平成 27 年国勢調査データを搭載した各種統計・推計データを提供開始しています。
ArcGIS Geo Suite 住居レベル住所と都市地図パックは今夏、スターターパック(背景地図・住所・統計のセット)詳細地図道路網の次期バージョンは今秋リリースを予定しています。

 

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る