製品 > ArcGIS > 新機能

ArcGIS

新機能

ArcGIS で実現! 一歩進んだ地理空間情報活用

ArcGIS 10.7 2019 年 7 月リリース

ArcGIS Pro

GIS プロフェッショナルのための高度な機能を提供

デスクトップ アプリケーションの「ArcGIS Pro」バージョン 2.3 (2019 年 4 月リリース) では、開始オプションの充実や、全世界のユーザーから寄せられた要望の中から 55 の機能が実装され、より使いやすいアプリケーションへと進化しています。
データ操作関連では、属性情報を元にレポートを作成したり、「条件値」を設定して、属性の入力値を限定したりできるようになりました。また、オートデスク社の Revit モデルを直接 ArcGIS Online に共有できるツールが登場し、CAD データとの親和性がより高まりました。

ArcGIS Pro
 

 

Web GIS (ArcGIS Online & ArcGIS Enterprise)

コラボレーション機能の強化

フィーチャ レイヤー ビューや、データ分析 Web アプリ Insights for ArcGIS の成果物をコラボレーションで共有することができるようになりました。さらに、コラボレーションのスケジュール同期を一時停止および再開することができるようになりました。

データ分析機能の強化

Insights for ArcGIS のホームページが刷新され、コンテンツ管理作業などの操作性が大幅に向上しました。ArcGIS Enterprise 版では組織のデータベースに直接接続することができますが、新たに PostgreSQL (Esri ST_Geometry および PostGIS) に接続することができるようになりました。

Web GIS

 

ArcGIS Online

進化を続けるクラウド GIS

2019 年 6 月のバージョン アップでは、メンバー管理機能の向上、新しい Web アプリケーション テンプレート、Web AppBuilder の新ウィジェット、シーン ビューアーでの BIM の建物モデルの表示、ラインとポリゴンの3D 立ち上げ機能の拡張、などが行われました。

詳細は、ArcGISブログをご参照ください。

ArcGIS Online
 

 

ArcGIS Enterprise

ポータル サイトの刷新、操作性の向上

ポータル サイトの組織ページが刷新され、これまでに比べて、組織の管理や情報の検索が容易になるなど、操作性が向上しています。シーン ビューアーでは、スライス ツールが加わり、対話的な操作で建物(ビルディング シーン レイヤー)の内部構造をスライスして表示できるようになりました。

マッピング機能の追加

2つの数値属性を使って、関連性を色の変化で視覚化する、新しいマッピング機能が追加されています。

ユーザー ライセンスの変更

指定ユーザーのライセンス体系がこれまでのユーザー レベルから、ユーザー タイプという新しいライセンス体系に変更され、使用できる機能やアプリに応じた 5 種類のユーザー タイプから、業務に適したタイプをお選びいただけるようになりました。

ArcGIS Enterprise
 

 

ArcGIS Apps

オフィスで分析、屋外で現地調査

Insights for ArcGIS : 直感的な操作性とデータの可視化・空間分析機能を備えた、 ArcGIS の新しい Web アプリ Insights for ArcGIS の最新バージョン 3.3 (ArcGIS Online 版) を 6 月 26 日にリリースしました。新しいシンボルの追加、シェープファイルのアップロード、フィーチャ レイヤーのエクスポートなどが可能になりました。

詳細は、ArcGISブログをご参照ください。

Survey123 for ArcGIS

Survey123 for ArcGIS:フォーム入力型の現地調査を行うためのアプリ、Survey123 for ArcGIS が 6 月 28 日に Ver. 3.5 へバージョン アップしました。調査結果をレポートに出力できる機能が正式に実装され、調査票の受付期間の設定もできるようになりました。

詳細は、ArcGISブログをご参照ください。

Collector for ArcGIS

Collector for ArcGIS: 2019 年 3 月 7 日に、現地調査アプリである Collector for ArcGIS (iOS) が、6 月 24 日に Ver. 19.1.0 へバージョン アップしました。タイル パッケージをオフライン環境でベースマップとして利用できるようになり、iOS の [ファイル] アプリの利用も可能になりました。

詳細は、ArcGISブログをご参照ください。

Collector for ArcGIS
 

 

ArcGIS for Developers

ArcGIS プラットフォームを拡張する開発キット

ArcGIS API for JavaScript : Web アプリ開発用の API です。最新のバージョンアップでは、時系列データのアニメーション表現用のタイムスライダー ウィジェット(ベータ)の追加、各種レイヤーの描画パフォーマンスの向上、スマートマッピング機能の向上など、2D / 3D GIS のアプリを迅速に開発できるよう、進化しています。

ArcGIS Runtime SDKs : Android、iOS、Windows のネイティブ アプリ開発用の SDK です。最新のバージョンアップでは点群データ、地下データの表示などの拡充や、オフラインでの 3D 表示対応など、3D 機能が強化されています。

ArcGIS API for Python :Web GIS(ArcGIS Online / ArcGIS Enterprise)を活用してマップと地理空間データを扱うための Python ベースの API です。最新のバージョンアップでは、標高データを用いて水門解析を実行するモジュールや、U-net と呼ばれるディープラーニングの手法で衛星画像等のピクセルを分類するクラスが追加されています。

Developers
 

 

データコンテンツ

さまざまな環境ですぐに使える最新のデータを提供

すぐに利用できる背景地図、ジオコーダー、道路ネットワーク、統計データ、地形データを ArcGIS Online から提供しています。これらのデータは随時更新しており、常に新しいデータをご利用いただけます。さらに、世界中の信頼性の高いコンテンツを集めたカタログ Living Atlas of the World も随時拡充を図っています。
ESRIジャパン データコンテンツ(オフライン データ製品)においては、ArcGIS Geo Suite 住居レベル住所+都市地図パックの最新版をリリース済みで、スターターパック(背景地図・ジオコーダー・統計のセット)、詳細地図、道路網の最新版は、今秋リリースします。また、すぐに使える統計・推計データ ArcGIS Stat Suite も、新しいデータソースへと随時更新を行っています。 オンライン、オフラインいずれの環境でもすぐに利用できる多彩なデータコンテンツをご用意しておりますので、ぜひご活用ください。

コンテンツ
 

 

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る