製品 > ArcGIS > できること > ArcGIS コンテンツ

ArcGIS コンテンツ

位置情報に付加価値を与える、すぐ利用できるデータ コンテンツ

「すぐに使えるマップ」をお手持ちのデータと組み合わせることで、そのデータの価値がより高まります。Esri および ESRIジャパンが提供するコンテンツは、商用データ ベンダー、オープン データ、Esri のユーザー コミュニティといった数々の優れたデータ ソースから構築されています。また、オンライン・オフラインどちらの環境でも利用できます。


多彩なテーマに基づく、美しいマップをオンラインで

多彩なテーマに基づく、美しいマップをオンラインで

ArcGIS では、Esri や ESRIジャパン、そして世界中の ArcGIS ユーザーが作成した多彩なテーマのマップが利用できます。 例えば日本のエリアでは、内閣府が公表した南海トラフ地震首都直下地震の被害想定データをマップにしたものが利用できますので、ユーザーのデータと重ね合わせれば災害発生時のリスクを計ることができます。


ベースマップ

ArcGIS のオンライン ベースマップは、多様なユーザー データを活かすために、複数の異なるデザインの世界地図として提供されています。その中でも、衛星画像道路地図地形図海洋図キャンパス(ライト グレー)といったベースマップがよく使われています。

ベースマップのカタログへアクセス

オフラインでのベースマップ利用が必要な場合は、ArcGIS データコレクションをおすすめいたします。

ベースマップ

画像

画像

オンラインで利用できるコンテンツには、膨大な量の高解像度画像データも含まれています。用途に応じて、ベースマップ画像マルチスペクトル画像時系列画像などを利用することができます。


統計情報

2010年度 国勢調査の、人口・産業・職業などをはじめとする全指標(682 指標)の集計結果を収録した、すぐに使える整備済み統計データベースを「ArcGIS データコレクション 統計」として提供しております。 この統計データベースを導入すれば、ArcGIS を使用してすぐに各種の統計解析を行うことができます。 このような統計情報をオンラインで提供するサービスも、2016 年中に開始する予定です。

統計情報

ジオコーディング、道路ネットワーク解析

ジオコーディング、道路ネットワーク解析

住所情報を経緯度座標情報へ変換する機能を、オンラインの「ジオコーディング サービス」として提供しています。このサービスは、世界の住所情報と経緯度座標の組み合わせからなるデータベースを使用して構築されています。 また、世界の道路網データを使った「道路ネットワーク解析サービス」を利用すれば、最短経路や到達圏を求める解析、配達先へ複数の車両を割り当てる配車解析など、多彩な処理を行うことができます。 これらの解析をオフラインで行う必要がある場合は、ArcGIS データコレクションの住居レベル住所データ道路網データをおすすめします。

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る