製品 > ArcGIS > できること > データ管理

データの管理

GIS データを最大限に活用するために

ArcGIS は既存の環境やワークフローに柔軟に対応します。GIS データを最大限に活用することができる、多様な形式のデータを格納・編集・管理するツールやシステムを提供します。


データの格納

ArcGIS を活用することで、既存のワークフローに対応した最適な GIS データへのアクセス、利用、格納が可能になります。

storage_Individual_Files

ファイル形式のデータ


ArcGIS は、各種 GIS データ、CAD データ、表形式および画像形式のデータなど、さまざまなファイル形式のデータをサポートしています。

対応データ一覧

storage_Individual_Files

データベース


ArcGIS からさまざまなリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)に接続できます。

データベースと ArcGIS

storage_Individual_Files

ジオデータベース


RDBMS 上のジオデータベースに GIS データを集約すると、デスクトップ、サーバー、モバイル環境から容易にデータへのアクセス、管理できます。

ジオデータベースとは

storage_Individual_Files

クラウド


米国 Esri 社が提供するクラウド サービスである ArcGIS Online や自社で構築したクラウド上にデータを格納することができます。


データの編集

ArcGIS は地理データを作成・編集することができる豊富な編集ツールやワークフローを提供し、GIS の活用をサポートします。

豊富な編集機能

豊富な編集ツールやワークフローによって複数の効率的かつ正確にデータを作成・編集できます。

マルチ ユーザー編集

大容量の GIS データを RDBMS で一元管理して、複数ユーザーによる同時編集を行うことが可能です。さらに、複数データベース間の同期処理やデータの履歴管理を行うことができます。

データの編集

データの品質管理

データの品質管理

ルールを使用した高品質なデータの作成

ArcGIS でジオデータベースを使用するとデータの整合性を維持しつつ簡単にデータを管理できます。入力可能な値の制御やデータセット間での接続性などの空間的なルールを設定することで、より質の高いデータの作成が可能となります。
また、修正したエラーの追跡など、データの品質管理を行う機能も提供しています。
ルールとリレーションシップの設定について


データの統合・共有

他システムとの連携

ArcGIS を使用すると既存のビジネス システムのデータを統合して解析能力を強化し、組織の生産性を向上できます。
Location Analytics ページ

他システムとの連携
他システムとの連携

作成した情報の共有、利用、管理

ArcGIS では ArcGIS Online から配信される背景地図などのデータ コンテンツや、ArcGIS Online にユーザーが登録したマップを、各種のアプリを用いて、いつでもどこでも利用できます。また、組織で共有したコンテンツを管理することも可能です。
ArcGIS Online ページ


データのセキュリティ

データのセキュリティ

ArcGIS は組織固有のセキュリティ要件に対応するよう設計されています。GIS プラットフォームの配置、維持、セキュリティ、利用を柔軟にコントロールできます。

ArcGIS のセキュリティ ページ

データのセキュリティ
Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る