製品 > ArcGIS Desktop > 活用事例

ArcGIS Desktop

業種

絞り込みは下部の「検索」をクリック

活用事例

活用事例

ArcGIS Desktop は、地理情報および関連情報を統合し、利活用するための一連の機能(表現、検索、分析、管理、編集、出力等)を豊富に提供する高性能デスクトップ GIS ソフトウェアです。

小水力発電における適地選定シミュレーション

ポテンシャルエリアの絞り込み 地形・河川・気象・自然災害・保護委区域など各種データを使用して、GIS でポテンシャルエリアの絞り込みをすることができます。事前に絞り込みすることにより対象エリアや河川の比較検討、または現地(詳細はこちら)

バイオマス発電の適地選定シミュレーション

適地選定の効率化 適地選定をするうえで、多くの候補地の周辺環境を現地調査し、絞り込むには時間とコストがかかります。データとツールの解析機能で候補地を事前シミュレーションすることで現地調査の時間と出張コストを削減することが(詳細はこちら)

風力発電の適地選定シミュレーション

適地選定の効率化 適地選定をするうえで、多くの候補地の周辺環境を現地調査し、絞り込むには時間とコストがかかります。データとツールの解析機能で候補地を事前シミュレーションすることで現地調査の時間と出張コストを削減することが(詳細はこちら)

ArcGIS 活用による配送計画シミュレーションで新設物流センターのリソース配置をスピーディに実現

株式会社エバルス

近年、病院、診療所、調剤薬局からの取引需要の増加に伴い、効率的な運送計画の立案や人員確保が急務となっていた株式会社エバルスでは、ArcGIS Network Analyst と SUNMAP for VRP の導入により、迅速に運送計画を立案できるようになった。

蚊の生息密度マップで感染症被害を防ぐ

熊本大学

感染症を媒介する蚊の生息密度の研究に取り組んでいる熊本大学は、蚊の現地調査データの解析に ArcGIS Desktop と ArcGIS Spatial Analyst を使用し、生息密度を可視化することで病原菌対策につながる研究を行っている。

ArcGIS Online を活用した「交通事故状況公開システム」

三重県警警察本部

交通事故を削減のため、交通事故発生状況の発信を課題としていた三重県警察本部では、ArcGIS Onlineを利用した「交通事故状況公開システム」の運用を開始し、運用コストを抑えながら、スピーディーかつタイムリーな情報発信を実現した。

ドローン空撮測量と連携した新しい数値風況診断技術の開発

九州大学

九州大学は、西日本技術開発株式会社および株式会社環境GIS研究所の協力の下、「数値風況診断技術 RIAM-COMPACT (リアムコンパクト)」と「ドローン空撮測量」を連携した新しい数値風況診断技術を確立し、空撮画像から作成した詳細 3D 地形を用いて高精度な風況シミュレーションを実現した。

高速道路の点検業務における GIS タブレット端末の有効活用

西日本高速道路エンジニアリング九州株式会社

お客様に「100% の安全・安心そして快適な高速道路」の提供を目指している西日本高速道路エンジニアリング九州株式会社は、事前準備から現場点検までの一連作業をタブレット端末と GIS を活用した点検業務支援ツールで作業を効率化し、点検作業の様々なシーンで効果が認められた。

熱環境と風況解析による環境計画手法の確立を ArcGIS と Airflow Analyst で目指す

東京農業大学

東京農業大学では気候変動による都市部のヒートアイランド化対策を目指す研究のケーススタディをキャンパスで行い、ArcGIS と Airflow Analyst を用いて風の流れを可視化し、キャンパスの再整備や建物増築後のシミュレーションを行った。

オープンガバメントを目指し、先進的なデータ活用に ArcGIS プラットフォームを利用

神戸市

神戸市では、ICT を活用したオープンガバメント社会の構築に向けて、市民サービスの向上、業務効率の向上、地域課題の解決を行っていくため ArcGIS プラットフォームを導入し、庁内での GIS ・データの活用や市民向けたデータ公開を行うための統合的なプラットフォームとして稼働を開始した。

1 2 3 4 31

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る