ニュース > 【教育 GIS 便り】データから見えてくること

ニュース

【教育 GIS 便り】データから見えてくること

 

国勢調査

普段、GIS の講習や授業でお世話になっている総務省統計局の e-Stat(地図で見る統計(統計 GIS))。
国勢調査で得られた情報を基に町丁・字等集計、メッシュ集計、基本単位区集計の 3 つの集計単位をそれぞれの目的に応じて GIS で表示し、どの地域がどのような傾向にあるかを調べたりするのに利用しています。それくらい GIS 業界にいると国勢調査は身近に感じます。

大正 9 年(1920 年)から 10 年ごとの大規模調査と 5 年ごとの簡易調査を繰り返し、令和 2 年国勢調査は 21 回目、調査開始年から 100 年の節目になります。国勢調査は「最も重要な統計調査」といわれているものの回答率は年々減少している模様。プライバシーの問題や多様化する考え方、また特に今年は新型コロナウイルス感染症の影響か、回答率が低く、当初予定していた 10 月 7 日までの期限が 2 週間延長され 10 月 20 日までとなりました。

住民票やマイナンバーを利用すれば、わざわざ国勢調査に頼らなくても…と考えがちですが、マイナンバーには学歴や住宅のデータがない。同居家族のデータもない。住民基本台帳は登録住所であり現在住んでいるところではない…などとなるとやはり「現状」を知るには国勢調査が必要となりますね。その調査結果から行政機関が少子高齢化の将来予測、人口の将来見通し、住みよい街づくりを検討するとなると、やはり基盤となる欠かせないデータです。

ふと、回答率が低いのは、国勢調査の役割がまだ国民に伝わっていないからでは!?と思ってしまいます。授業ではあまり国勢調査の意味合いなどを学ぶ機会が少ないかと思いますが、データサイエンスなどの統計を取り扱うことも増えてきているので、この機会に授業で国勢調査について取り扱ってみるのもいいかもしれませんね。

公開されている回答率を ArcGIS Insihgts で表現したものはこちら

令和 2 年国勢調査回答状況(インターネット・郵送)

令和2年国勢調査回答状況

 

◆参考文献

ArcGIS Insights 2020.3 新機能紹介(2020 年 10 月リリース)

国勢調査2020

日本初の「全国小地域別将来人口推計システム」の構築と公開
 青山学院大学 経済学部 井上 孝氏

平成 27 年国勢調査で見る日本のいま

 

2020 EDUCATION SUMMIT

2020 年 8 月にオンラインで開催された 2020 Education Summit の録画ビデオが YouTube にて視聴できます。
すべて英語となりますが、GIS 教育に関して基礎から応用までお好きな時間に聴講いただけます。

 

2021 Esri ユーザー会 事例発表募集のお知らせ

GIS 関連では世界最大規模のユーザー会である「Esri ユーザー会」が、2021 年は 7 月 12 日(月)~ 16 日(金)の予定で開催されます。
開催に先立ち、主催社である米国 Esri 社では、ユーザーによる事例発表の概要を募集しています。

応募締切:2020 年 10 月 30 日(金)

※現時点ではサンディエゴ国際会議場での対面方式の開催を検討しておりますが、オンライン方式またはオンラインと対面のハイブリット方式での開催となる可能性がございます。
予めご了承ください。

詳細はこちら

 

イベント情報

GIS Day in 伊勢 2020(オンライン開催)

【日時】2020 年 10 月 31 日(土) 13 : 00 ~ 17 : 30
【会場】オンライン形式

GIS 講習会
① 自治体・まちづくりコース
地域が抱える課題や自治体等の業務課題について話し合いながら、GIS を用いて地図を作成したり、分析したりして、GIS を通した課題解決の力を実践的に身に付けることができます。

② 高校地歴コース
令和 4 年度からの高校「地理総合」の必履修化を念頭に起きつつ、GIS の基本的な操作方法、クラウド GIS を利用したフィールドワークや教材作成の方法、GIS の活用事例について学習します。

各講習会は、参加費無料ですが事前登録制です。

参加登録・プログラム詳細はこちら

 

GIS 学会ハンズオンセッション(オンライン開催)

【日時】2020 年 10 月 25 日(日) ① 8 : 30 ~ 10 : 10 ② 10 : 30 ~ 12 : 10
【会場】オンライン形式

GIS 講習会
① クラウド GIS 体験
クラウド GIS である ArcGIS Online を使って Web マップの作成、ArcGIS Online Apps などを体験します。

② ArcGIS API for Python 体験
ArcGIS API for Python のコンセプトを紹介し、実際に簡単な操作を体験します。

各講習会は、参加費無料ですが事前登録制です。

参加登録・プログラム詳細はこちら

 

GIS コミニティフォーラム オンライン

今年の GIS コミニティフォーラムは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大リスクを考慮し、オンラインで開催されます。
インターネットに接続できる環境であれば、どなたでも最前列で ArcGIS に関する最新情報や事例を聴講できます!!是非 GIS がどのように社会で役立つか、有用なツールか覗いてみてください。

【日時】2020 年 11 月 18 日(水)~ 19 日(木)
【会場】オンライン形式

参加登録・プログラム詳細はこちら

 

*――――――――――――――――――――――――――――――――*
ご不明な点がございましたら下記までご連絡ください。
お手数ですが件名に「データから見えてくること」とご記載ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

★★★  「教育 GIS 便り」バックナンバー ★★★

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
ESRIジャパン株式会社
ソリューション営業 教育機関担当
E-Mail: education@esrij.com
〒102-0093
東京都千代田区平河町2-7-1 塩崎ビル 6F
TEL: 03-3222-3941
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

掲載種別

掲載日

  • 2020年10月16日

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る