ニュース > ArcGIS Business Analyst Web and Mobile Apps がバージョンアップ

ニュース

ArcGIS Business Analyst Web and Mobile Apps がバージョンアップ

 

2020 年 9 月 30 日に、意思決定のための人口統計解析・空間解析を実現する GIS クラウド サービス「ArcGIS Business Analyst Web and Mobile Apps」の最新バージョン 8.3 をリリースいたしました。
主な新機能は以下です。

 

新しいホスト フィーチャ レイヤーとしてエクスポート

プロジェクト内のレイヤーを Web マップとして共有する際に、任意のレイヤーだけを新しいホスト フィーチャ レイヤーとしてエクスポートできます。

データのアップデート

以下のデータが更新されました。

SafeGraph 社の目標物検索データが利用可能に

解析対象がアメリカの場合、「目標物および施設の検索」で新たに SafeGraph 社の POI データを選択することができるようになりました。

Mobile App: [インフォグラフィックス全体を表示] オプションが追加

モバイル端末でも Web App と同じ構成のままインフォグラフィックスが表示できるようになりました。※ 10 月 6 日時点で Android 版のみバージョンアップされています。

 

新機能の詳細とその他の新機能につきましてはArcGIS ブログをご覧ください。

 

注)バージョンアップされた内容を確実にご利用いただくために、お使いの Web ブラウザーのキャッシュ(インターネット一時ファイル)を削除してください。主な Web ブラウザーのキャッシュ削除方法については、以下のリンク先をご参照ください。
なお、Internet Explorer では Business Analyst Web App の最新バージョンはサポートされず、古いバージョンのアプリケーションにリダイレクトされます(ESRIジャパン サポート対象外)。

掲載種別

関連製品

掲載日

  • 2020年10月8日

Copyright© 2002-2020 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る