事例 > 市街地の中を流れる複雑な風の動きを GIS でシミュレート・可視化する

事例

市街地の中を流れる複雑な風の動きを GIS でシミュレート・可視化する

有限会社環境ジーアイエス研究所

 

風況シミュレーションで最適な意思決定 – Airflow Analyst –

屋外環境の複雑な風の流れを把握するため、GIS 上で流体シミュレーションを可能とする Airflow Analyst を開発した。

2009_環境ジーアイエス研究所_1

Airflow Analyst は、建物や地形などの GIS データを用いて、屋外の風の動きをシミュレートできる ArcGIS のエクステンション ソフトウェアである。ArcGIS を用いて計算に必要な「格子作成」、「計算」、「結果の可視化」からなる一連のプロセスを簡単に実施することが可能。

全文はこちら

関連業種

関連製品

掲載日

  • 2008年1月1日

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る