事例 > ガス自由化を勝ち抜くためのエリア戦略

活用法

ガス自由化を勝ち抜くためのエリア戦略

 

顧客獲得競争が激化するガス自由化

新規顧客の獲得、あるいは既存顧客を守るための企画・施策立案ためには、地図や位置情報を活用することが有効な手段となります。顧客や地域の情報を地図や位置情報を用いて分析・視覚化することにより、地域の潜在需要や顧客動向を可視化することができ、顧客のニーズに応じた最適なサービスを提供することができます。

地図(地理情報)で顧客や事業エリアを視覚化

事業拡大するための様々な企画・施策として、DMやポスティングなどのプロモーション活動、新規顧客獲得のための訪問活動、顧客のフォローアップなどがあります。

地図を活用して地域住民の年齢・世帯数・収入などを分析することにより、自社のターゲットと合致するか、あるいはどのエリアにターゲット顧客が多いのか、ということがわかり、地域や顧客に即した企画・施策を実行することが可能です。また、既存顧客を地図にプロットすることにより、顧客動向を視覚化することができ、自社の現状を把握をすることも可能です。

顧客や事業エリアを視覚化

潜在需要エリアの絞込み

自社ターゲット層の顧客がどのエリアに多いのかを見極めるために、国勢調査や支出推計などのデータを活用し、潜在需要エリアを絞り込むことができます。

例えば「世帯数が多い」かつ「ガス代の支出が高い」エリアを絞り込み、効果的なプロモーション活動や営業活動を実施することができます。

また、2 つのデータ(2 軸)だけでなく、複数のデータを組み合わせて潜在需要エリアを絞り込むことにより、様々な指標を加味した潜在需要エリアの抽出をすることも可能です。

商圏のグルーピング

自社ターゲット層の顧客がどのエリアに多いのかを見極めるために、国勢調査や支出推計などのデータを活用し、潜在需要エリアを絞り込むことができます。

駅別グループ分析の例

駅周辺1km商圏内の統計情報をもとに、年収別、世帯タイプ別の9グループに分類し、各商圏特性を加味した駅別戦略を立案。

分析フェーズから共有・活用フェーズへの進展

部門の壁を超えて情報共有を図り、施策検討・実行の質とスピードを高めるためには、作成した地図をクラウドや Web サーバー上にアップロードし、対話的にマップを閲覧できるようにすることも効果的です。クラウドや Web サーバー上にアップロードされた地図は、権限を持つ社員であれば自由にアクセスすることが可能となり、情報の把握やアクションを迅速に実行することにつながります。また、打合せなどの場で地図を操作するとディスカッション内容をいっそう深めることにもつながります。さらに、Web ブラウザのみでなく、モバイル端末からも地図の閲覧や情報追加・編集を行えるため、顧客宅訪問の際にその場で顧客関連情報を確認し、的確な提案アプローチにつなげることも可能です。訪問後すぐにモバイル端末で報告書や外出先での地域の気づきを入力し、周辺の写真等を添付して地図上に情報を追加することも有用です。

タブレット・モバイル端末から閲覧・情報追加・編集

 

ESRIジャパンでは、地図(地理情報)を活用することで、電力事業者様の電力小売り自由化対策をご支援いたします。

 

電力小売り事業社向け2つの『地図活用ハンドブック』配布中!

電力業界での地図活用をご紹介『電力小売り自由化を勝ち抜く ビジネスマップ活用術
すぐに活用できる地図データ活用法『エリアマーケティングを強化する データ活用術
ご希望のお客様は下記ボタンからお申し込みください。

『地図活用ハンドブック』申し込み

本ハンドブックは電力小売り事業社のみ配布させていただいております。
配布をお断りさせていただくことがありますが予めご了承ください。

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2017年7月25日

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る