事例 > 線路管理・線路設計

活用法

線路管理・線路設計

 

固定通信設備の設計から管理を行えるシステムとしてGISが利用されています。

線路管理でGISを使う理由として光ファイバや銅線のケーブルが物理的にどの場所を通っているかを視覚的に管理できることや、データベース側の機能で複雑なネットワークの接続性を管理できることが挙げられます。

通信ネットワーク設備の表示例

自社の設備データに、背景地図や外部の設備データ(電柱、マンホールなど)を重ね合わせて表示するのはもちろんのこと、設備データに対するCADのような編集機能に加え、データベースを使って、複数のクライアントからの同時編集や排他制御も可能です。

またデータには接続性を持たせることができるため、ネットワーク解析(上流解析や下流解析)が容易にできます。

ネットワーク接続部分の表示例

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2012年10月5日

Copyright© 2002-2017 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る