事例 > 野生動物の生態調査・保護

活用法

野生動物の生態調査・保護

 

今日の日本の国土では野生生物の増加や減少が起き、生物多様性のバランスを危惧する声が挙がっています。GISでは、野生動物の生態調査と保護の分野でも広く使われており、その為のアプローチをご紹介いたします。

GISで野生動物の情報を管理

野生動物の調査結果を表示させる際、メッシュと呼ばれる格子状の面データに調査結果(動物の頭数など)を加え、色別に可視化する事が可能です。現在では、これらのデータを多用して効率良く動物の保護状況を把握することが出来ます。

生息環境をマクロな視点からアプローチ

海外では、都市の近代化や道路の拡張などで野生動物の生息地域が分断されてしまう事があります。これらを解決する為に、野生動物の生息エリアをGPSやGISを使った調査を重ね、コリドー(動物用避難通路)を建設する検討材料として、ArcGISが使われています。

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2012年9月23日

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る