事例 > 事故多発エリアを解析する

活用法

事故多発エリアを解析する

 

GISを利用すると、過去の事故発生状況から、「どのエリアで事故が起きやすくなっているか?」という、事故の発生傾向を導き出すことができます。事故多発エリアがどこか把握できれば、事故防止対策や人員配置のための基礎資料として活用できます。

事故発生地点を入力する

過去の事故発生地点をポイントデータとして入力します。ポイントデータは、手動で直接作成するだけでなく、緯度と経度が入力されたテキストデータやExcelデータから一括で作成することもできます。

また、日付や写真などの事故情報もポイントデータの属性として付加することが可能です。

密度解析により、事故多発エリアを導き出す

ポイントデータに対して密度解析ツールを適用すると、事故発生地点の粗密を視覚的に表現した面的なデータが作成されます。交通事故が多発しているエ リアが視覚的に把握できるので、事故防止重点対策地域選定のための資料として、あるいは住民に対する注意喚起にも効果的に利用できます。

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2012年9月23日

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る