事例 > 現地調査アプリとダッシュボード アプリの連携でいち早く情報を集計

活用法

現地調査アプリとダッシュボード アプリの連携でいち早く情報を集計

 

現地調査で収集したデータをリアルタイムに集計

クラウドGIS である ArcGIS Online は、Collector for ArcGISSurvey123 for ArcGIS の 2 つの現地調査アプリを提供しています。紙ベースの調査票は調査結果を登録・集計する際に多くの時間がかかります。一方、スマートフォンやタブレット端末等で利用できる現地調査モバイル アプリで情報を収集すれば、インターネットを通じてクラウド上に即時に情報が登録されます。現地調査アプリで収集した情報をいち早く集計・確認するには、同じく ArcGIS Online に付属するダッシュボード アプリの活用が有効です。ダッシュボード アプリでは地図と連動してグラフやインジケーターで収集した値を、リアルタイムに集計し確認することができます。調査結果を効率的に可視化することで迅速で適切な意思決定やモニタリングが可能になります。

リアルタイムに集計

さまざまな現地調査で活用

現地調査アプリの特長としては、「現在地または任意の位置でデータを収集・更新することが可能」、「オフライン環境でも利用可能」、「iOS、Android、Windows 端末で動作」が挙げられます。これらの特長を活かすソリューションとして ArcGIS Solutions ではさまざまなテンプレートを提供しています。

台風など自然災害が発生した時に電線や電柱など電力設備の損傷位置、損傷度合を記録する被害調査(電力)テンプレート、ブロック塀が基準を満たしているか、崩壊の危険性がないかを点検するブロック塀調査テンプレート、地震が発生した時にマンホールやその周辺道路に亀裂や下水流出がないかなどを緊急に調査する管路の緊急調査テンプレートがあります。
ダッシュボードとして連携することで結果の集計を見ることが可能です。
(画像をクリックするとダッシュボード アプリが起動します)

電力被害調査ダッシュボード (デモ)
電力被害調査ダッシュボード (デモ)

ブロック塀調査ダッシュボード (デモ)
ブロック塀調査ダッシュボード (デモ)

ブロック塀調査ダッシュボード (デモ)
ブロック塀調査ダッシュボード (デモ)

これらのダッシュボードは Operations Dashboard for ArcGIS を使用して作成されています。地図上のリアルタイム データを監視、追跡、および評価することに特化したダッシュボード アプリです。全体の状況把握も、個々の事象に注目した状況把握も可能です。ArcGIS Online の活用アプリとしてすぐに構築・利用することができます。
テンプレートを活用して配置したダッシュボード アプリも、あとからユーザーが簡単に設定変更でき、グラフを増やす、集計値を変更する、デザインを変更するなど、カスタマイズして利用することが可能です。

関連リンク

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2018年12月27日

Copyright© 2002-2019 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る