事例 > クラウド型GISで素早く・簡単に地域特性を可視化

活用法

クラウド型GISで素早く・簡単に地域特性を可視化

 

地図とデータを活用して、新たなビジネス機会を創出

勘や経験に基づくプロモーション活動や闇雲な顧客訪問では、効率が悪く人・モノ・金の無駄になってしまいます。どこに潜在需要があるのか、どのようなプロモーションをすれば顧客獲得できるのか、何をすれば顧客満足度が上がるのかを知るために、まずはお客様の地域特性を分析し把握することが大切です。
クラウド型 GIS mapDISCOVERY は、簡単な操作で搭載された各種データを使用し、地域特性を可視化することができます。

地域や住民の特性を把握し、地域密着型戦略を強化

営業所や店舗ごとの地域特性(人口・世帯数・年齢などの統計情報やガス代・電気代・通信費などの支出推計など)を把握することにより、地域の特性に合った最適なサービスやサポートをお客様に提供することができ、新たな顧客獲得や顧客満足度向上につながります。
また、レポーティング機能で多彩な表現のレポートを出力し、販売戦略強化や新規事業エリア選定の意思決定に活用することができます。

法人事業者のターゲティング

搭載されている電話帳データで、地図上に各ジャンルごとの事業者を表示することができます。事業エリア内にどのような業態の事業者が多いのか、ターゲットエリアとして優良なエリアなのかどうかということを可視化することができます。

さらに高度な分析は ArcGIS Business Analyst で

商圏分析・エリアマーケティング特化型 GIS ソフトウェア「ArcGIS Business Analyst Desktop」には、店舗の需要予測を行う「ハフモデル」や店舗網の最適化を行う「適地選定シミュレーション」、最適な営業テリトリーを構築する「テリトリーデザイン」などのさらに高度な分析機能が標準搭載されています。営業での利用は mapDISCOVERY™、マーケティングや経営企画には ArcGIS Business Analyst というように、業務に合わせてツールを選択できるのは ESRIジャパンならではのソリューションです。
さらに、ArcGIS Business Analyst で分析したデータを汎用型GISクラウド ArcGIS Online にアップロードし状況共有することができ、プラットフォーム GIS として貴社のビジネスを支援することができます。

クラウド型エリアマーケティング GIS “mapDISCOVERY”

mapDISCOVERY 無料トライアル

お申し込みはこちら→

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2017年8月15日

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る