事例 > 店舗巡回業務の効率化

活用法

店舗巡回業務の効率化

 

販売力を強化するためのラウンダー支援

店舗ラウンダーの業務は、店舗の調査・報告、販売企画、サポートなど多岐にわたり業務量の多い仕事です。
GIS を活用することにより、巡回するテリトリーの平準化や巡回ルートの最適化、モバイル端末を使用した調査報告の迅速化など業務全般を効率化することができます。

店舗巡回テリトリーの平準化

各店舗ラウンダーの巡回テリトリーをなるべくコンパクトにしつつ、地理的な「飛び地」が生じないようにすることで、店舗巡回時の移動コストを最小化します。さらに、ラウンダー間で巡回店舗数などの業務ノルマを平準化するように調整することで、ラウンダー間の業務負荷の不均衡を正すことができます。

巡回ルートの最適化

テリトリーの策定後、実際に店舗を巡回する最適なルートの組み合わせを構築するために、配車ルート解析(VRP)という配送シミュレーションを実施する場合があります。さまざまな制約条件(訪問可能時間帯、作業時間、など)を加えつつ、道路ネットワークの情報を基に最適なルートの組み合わせを構築することで、業務負荷をさらに減少させることができます。

リアルタイムの情報共有と活動状況のモニタリング

店舗ラウンダーは、スマートフォンやタブレットですぐに利用可能なアプリケーションを活用し、店舗の情報や棚割の写真などをその場で本部に送信することで、リアルタイムに組織で情報を共有することができます。業務効率化を図り、コスト削減とスピードアップに貢献します。
また、グラフとマップが連動したダッシュボード アプリケーションで最新の調査結果を確認できます。本部のスタッフは、現場から送られてくる様々な情報を基に迅速な意思決定が可能となります。さらに散在する調査データの統合管理としても有効活用することができます。

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2017年9月7日

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る