事例 > 自社設備を可視化し、最適な設備管理と投資計画を支援

活用法

自社設備を可視化し、最適な設備管理と投資計画を支援

 

設備管理の効率化とコスト削減

Excel や CAD などを駆使して膨大な人的リソースやコストを投資して管理している通信網や基地局、データセンターなど様々な自社設備を GIS を活用すれば直感的に把握でき、且つ効率的に管理できる仕組みを構築することができます。また、社内に散在しているデータを組織横断的に共有・活用できるプラットフォーム型のアプリケーションで統合的に管理することにより業務効率化・コスト削減に貢献します。

通信網設備の管理

世界中に敷設している海底ケーブルなどの通信網や基地局などの自社設備を地図で可視化し、設備増強計画や保守・メンテナンスの状況モニタリングなどに活用することができます。
また、保守・メンテナンスの作業時、作業員がモバイルで最適な点検ルートの検索を実施することができ、効率的な作業を実施することが可能です。更に作業ステータスをモバイル端末で更新することにより、現場と本部で情報共有をすることにより円滑に作業を進めることができます。

データセンターのハードウェアリソース管理

各データセンターに設置している様々なハードウェアリソースをダッシュボードアプリケーションで可視化し、本番機や予備機のリソースを最適化することができます。「どこに」、「何が」、「どれくらい」あるのかを把握することにより、ハードウェアの最適な配備や解約などコスト削減に貢献すると共に適切なハードウェアリソースの運用を支援することができます。

設備と災害データの重ね合わせ

地震・津波・液状化・浸水・台風・土砂・噴火など自然災害リスクデータと自社拠点を重ね合わせ、被害想定を視覚化することができます。設備復旧のための人員確保、あるいは設備修理のための在庫パーツの配備など様々な被災復旧シーンを想定した対策を検討することができます。
また、設備データ(回線網や基地局など)と災害リスクシミュレーションデータを重ね合わせれば、被害想定が大きい危険エリアを抽出することができます。

関連業種

関連製品

掲載種別

  • 活用法

掲載日

  • 2017年9月7日

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る