イベント > もっと使おう! ArcGIS セミナー 2016 京都会場

イベント

もっと使おう! ArcGIS セミナー 2016 京都会場

 

概要

日 時 2016年 11月 11日(金)14時 00分 ~ 17時 30分(13時 30分 受付開始)
会 場 メルパルク京都 6階 会議室6
会場へのアクセスはこちら
定 員 60名 (お席に限りがございます。お早めにお申し込みください。)
参加費 無料・事前登録制

 

本イベントは終了しました。

プログラム

時間
内容
14:00 ~ 15:20

テクニカルセッション

ArcGIS Spatial Analyst ではじめるラスター データの空間解析

内挿処理や地形解析、日射量解析など、ラスター データを使用した高度な空間解析機能を提供するエクステンション製品「ArcGIS Spatial Analyst」 の概要をご紹介します。

効率的に図郭毎の地図を作成するヒントとコツ

ArcGIS で複数の地図を出力する場合、データ ドリブン ページを使用すると便利です。データ ドリブン ページを使う際の基本的な操作や、応用的な操作のヒントやコツをご紹介します。

15:20 ~ 15:30

休 憩

15:30 ~ 16:20

ArcGIS 最新情報

ArcGIS は業務の効率化や最適な意思決定を支援する強力な GIS プラットフォームとして常に進化しています。
本セッションでは、Drone2Map for ArcGIS(ドローンで撮影した写真から ArcGIS ですぐに使える 2D/3D データを作成できる写真測量アプリ)、Survey123 for ArcGIS(調査用の記入フォームや調査の集計結果を簡単に作成できる屋外調査用アプリ)などの新製品や、日々の業務ですぐに使えるマップやアプリなどの新しいソリューション テンプレートおよびサービスをご紹介します。

16:20 ~ 16:50

事例発表

地理情報システムを活用した地域の「見える化」

京都産業大学 共通教育推進機構 准教授 濱野 強 氏

地理情報システムを活用した医療・福祉に関する事例について報告する。中山間地域の自治体との共同により進めてきた活動を例として、医療・福祉に関する事業の企画やそれに伴う費用の検討、さらには今後の課題について得られた知見に基づき紹介する。

16:50 ~ 17:30

個別相談会

ESRIジャパン取扱製品およびサービスに関するご相談やご質問について、ESRIジャパン スタッフがその場で承ります。

 

本イベントは終了しました。

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る