イベント > 新型コロナウイルス感染症流行対策における GIS 活用 -時空間マップ作成までの裏側-

イベント

新型コロナウイルス感染症流行対策における GIS 活用 -時空間マップ作成までの裏側-

 

新型コロナウイルス感染症流行対策における GIS 活用 -時空間マップ作成までの裏側-

地図を活用した新型コロナウイルス対策ウェビナー

新型コロナウイルスの感染者数が減少しているものの、継続して 10 都府県に緊急事態宣言が出ており、私たちの生活で移動や飲食などさまざまな制限が設けられています。
感染状況の把握をするために、これまで地図を使った感染状況の可視化が行われてきました。
日本全国の都市部を中心として新型コロナウイルス感染症の拡大状況を分析する「新型コロナ時空間 3D マップ」を東北大学 中谷様、永田様が JX 通信社と開発しました。感染発生の状況を視覚的にわかりやすく表示し、新型コロナ時空間 3D マップやそれを作るきっかけになったものをご紹介します。

 

ゲスト講演
新型コロナウイルス感染症流行対策における GIS 活用-時空間マップ作成までの裏側-

東北大学 大学院 環境科学研究科
永田 彰平 氏

 

 

概 要

日 時 2021 年 3 月 3 日(水) 15 時 00 分 ~ 15 時 45 分
参加形式 ウェビナー形式(Zoom を利用)
参加費 無料(事前参加登録制)
対 象 新型コロナウイルス対策に地図や GIS がどのように活用できるかにご関心のある方

 

 

プログラム

・地図を活用した COVID-19 対策とメリット

・新型コロナウイルス感染症流行対策における GIS 活用 -時空間マップ作成までの裏側-

東北大学 大学院 環境科学研究科 永田 彰平 氏

・参考情報のご紹介

・質疑応答

 

参考コンテンツ

GIS(地理情報システム)とは (動画)

新型コロナウイルス対応支援サイト

3D GIS

 

 

【注意事項】
ウェビナーのお申し込みおよびご視聴にあたって以下の注意事項があります。予めご了承ください。
・同業他社および類似の業務/サービスに従事されている方は、お申し込みをご遠慮ください。
当社が上記に該当する方と判断した場合は、ご参加をお断りさせていただきます。
・ウェビナーの内容・スケジュール等は予告なく変更になる場合があります。
・ご登録者様毎に固有の視聴用 URL をご案内します。この URL にアクセスできる機器は 1 台限定です。
視聴用 URL の転送、共有はご遠慮ください。
・ウェビナー視聴時のお客様の通信環境によっては、映像や音声の品質が低下する場合があります。

 

 

地図を活用した新型コロナウイルス対策ウェビナー お申込み