イベント > 第14回 GISコミュニティフォーラム in 関西

イベント

第14回 GISコミュニティフォーラム in 関西

 

プログラム

日程:10 月 10 日(水) 10:30~17:30(受付開始 10 時)
会場:梅田スカイビル タワーイースト 36階 スカイルーム1

10:30 –
12:00
テクニカルセッション (※Esri 製品をお使いの方向けの技術セミナーです。)

はじめよう! ArcGIS Pro

ArcGIS Pro は、ArcGIS Desktop のアプリケーションの 1 つです。ArcMap ユーザーの方も本セッションを機に ArcGIS Pro の素晴らしさを是非ご体験ください。ArcGIS Pro の基本操作に加え、既存の ArcMap ドキュメントから ArcGIS Pro への移行、最新の機能についてデモンストレーションを交えてご紹介します。

ジオデータベースを使ってみよう

皆さんはジオデータベースを使ったことはありますか?ジオデータベースでデータを管理するとシェープファイルでは使用できない様々な機能が使えます。本セッションではジオデータベースの概要とジオデータベースを使用するメリットをご紹介します。ジオデータベースの機能を活用しきれていないと感じている方も必見です。

13:30 –
13:50

ご挨拶

ESRIジャパン株式会社 代表取締役社長
正木 千陽

13:50 –
14:40
基調講演

ビッグデータ時代のカラクリ

東京大学 名誉教授
月尾 嘉男 氏

現在1年に社会で流通する情報は大図書館の蔵書の数億館分に相当する。このビッグデータの9割は人間が関与しない機械と機械の通信であり、それに対処するために人工知能が登場し、さらに身体を付加したロボットが開発された。これらは人間を支援する一方、一部では人間の能力を凌駕するまでになり、どのように対応するかが情報社会の最大の課題になる。この課題の技術背景と登場しつつある社会問題を解説する。

所属 役職 姓 名 氏
14:40 –
14:55
休憩(15 分間)
14:55 –
16:30
製品紹介

ArcGISで広がる新たな地理空間情報活用の可能性

IoT、ビッグデータ、ドローン 、BIM/CIM、AI、VR/AR など技術の発展に伴い多様化する地理空間情報を ArcGIS で活用するメリットについてご紹介します。

16:30 –
16:50

休憩(20 分間)

16:50 –
17:30
事例発表

平成30年7月西日本豪雨災害被災地におけるGIS活用事例報告

広島大学 大学院 工学研究科 建築学専攻 都市・建築計画学研究室 教授
田中 貴宏 氏

広島大学大学院工学研究科 都市・建築計画学研究室では、今年7月に発生した西日本豪雨災害の発生直後より、現地にてGISを活用した被災地支援活動を進めている。発表では、その概要を報告する。

17:30 – 懇親会(有料)(会場:39階「燦宮」
参加者の皆様がゆっくりとご歓談いただける、懇親会を開催いたします。情報交換や交流の場として是非ご利用下さい。
※参加チケットは当日、受付にてお求め下さい。

※プログラムは予告なく変更となる場合があります。

 

参加申し込み(無料)

 

 

体験セミナー

2D & 3Dマップの作成を体験してみよう!(1 回目、2 回目)

ドラッグ & ドロップの簡単操作で行うデータの可視化・空間分析の体験講座(3 回目)

5月に開催したGISコミュニティフォーラム(東京・六本木)で好評だった体験型のセミナーです。
本セミナーでは、ArcGIS Proを使って2D & 3Dマップの作成や連携を体験していただきます。

時 間 1回目 10:30 – 11:20
2回目 11:40 – 12:30
3回目 14:50 – 15:40
申し込み 当日 10 時から受付にてお申込みいただけます。
会 場 スカイルーム 2

※プログラムは予告なく変更となる場合があります。

 

展示会場 10:00~17:30 (スカイルーム 2)

ESRIジャパン取扱い製品の展示を行います。
また、製品に関する質問や相談事がございましたら、スタッフにお気軽にお尋ねください。

 

参加申し込み(無料)

 

開催概要

日時 10 月 10 日(水)10:00 ~ 17:30 ( 17:30 より懇親会)
会場 梅田スカイビル タワーイースト 36階
大阪市北区大淀中1-1 (JR大阪駅徒歩 9 分)
主催 ESRIジャパンユーザ会
参加費 無料・事前登録制
内容 基調講演、事例発表、テクニカルセッション、体験セミナー、ESRIジャパン製品展示、懇親会
詳細プログラムはこちら
後援

GITA-JAPAN
地方公共団体情報システム機構
一般社団法人 地理情報システム学会
デジタルアース日本学会
日本地図学会
一般社団法人 日本リモートセンシング学会
(50音順)

事務局 ESRIジャパンユーザ会事務局
TEL: 03‐3222-3941
FAX: 03‐3222-3946
e-mail:forum@esrij.com

 

 

参加申し込み(無料)

 

第14回 GISコミュニティフォーラム in 関西 お申し込み


Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る