製品 > ArcGIS自治体サイトライセンス

ArcGIS自治体サイトライセンス

ESRIジャパンでは、自治体を対象に、最新バージョンのArcGIS製品(デスクトップ製品、サーバ製品、一部除く)を、一定金額にて使い放題のライセンスをご提供いたします。

庁内の統合型 GIS における Web 参照ユーザ、業務 GIS における業務アプリケーション GIS ユーザ、汎用 GIS におけるプロフェッショナル GIS ユーザのニーズに対し、 抜群の製品機能と幅広い製品ラインナップでお応えします。

特長、適用対象

特長:
特長① 一定金額でArcGIS製品(デスクトップGIS、サーバGIS)が使い放題!
ArcGIS製品(一部を除く)の利用ライセンス数に制限がありません。
特長② 常に最新バージョンのArcGISが利用可能!  
常に最新バージョンにアップグレードできます。

特長③ 充実のサポート体制!
庁内のサポートご担当者様に対して総合的なサポートを行います。

適用対象:
地方自治体(地方公共団体)が対象となります。
(出先機関を含めた、自治体内部での利用に限定します。) 

  

対象製品

  • デスクトップ製品 (ArcGIS Desktop Basic, Standard, Advanced)
    • デスクトップエクステンション(3D Analyst, Spatial Analyst, Geostatistical Analyst, Publisher, Network Analyst, DataReviewer)
    • ArcGIS Pro(利用制限あり)
  • サーバー製品(ArcGIS Enterprise Standard, Advanced, Workgroup(Standard / Advance))
    • サーバーエクステンション(3D Analyst, Network Analyst, Spatial Analyst, Geostatistical Analyst, Schematics, Image)
  • 開発者ライセンス(ArcGIS Engine, ArcGIS Runtime Standard)
    • ArcGIS Engine (SU) エクステンション(3D, Spatial, Geodatabase Update, Network)
    • ArcGIS Runtime Standard(3D, Spatial, Network)
    • ArcGIS Developer Subscription(登録年間 1 名)
  • クラウド GIS 製品(ArcGIS Online(利用制限あり))
  • 3D 都市景観作成製品(Esri CityEngine(1ライセンス))

価格・契約形態:

  • ArcGIS自治体サイトライセンスの価格は人口規模に応じた設定があります。弊社自治体担当者までご相談ください。
  • 契約については、3年間の契約を原則とします。
  • その他詳細については、本プログラム契約締結時の契約書類に準拠します。

本ライセンスに含まれるもの:

  • Web による Q & A 、操作サポート
    (自治体サポート窓口人数、レベル1:2名、レベル2:3名、レベル3:4名まで)
  • 年間2名様までの東京開催GIS講習会受講権
  • 契約期間中の東京開催 GIS 講習会が2割引
  • 米国ユーザ会への参加権(レベル1:2名、レベル2:3名、レベル3:4名まで)

その他:

  • 庁内の自治体サポート窓口の追加、およびインストールメディアの追加ご注文は有償となります。
  • ArcGIS自治体サイトライセンスは、時限ライセンスとなっておりますので、契約期間終了後に契約更新されない場合は、継続使用できなくなります。

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る