製品 > 自治体GIS利用支援プログラム

自治体GIS利用支援プログラム

ESRIジャパンでは、2007 年 8 月より自治体様を対象に期間限定で、日頃使い慣れた文書作成や表計算などのソフトウェアと同じように、汎用的に GIS を使っていただけるよう、GIS 講習会受講ならびにソフトウェア「ArcGIS Desktop Basic」を 1 年間無償でご利用頂けるプログラムを開始いたしました。

弊社の選定審査をクリアいたしますと、本プログラムをご提供可能となります。自治体様の業務改善、問題解決のスタートアップをご支援いたします。

自治体 GIS 利用支援プログラムの
お申込みこちら

特長、適用対象

■ 特長

特長① 一年間無償で、最新の ArcGIS Desktop Basic が使用できます。
自治体様の業務問題解決、改善に ArcGIS Desktop Basic をお役立て下さい。

特長② ArcGIS デスクトップ製品の講習会が無償で受講できます。
基本スキルを習得するため、弊社の GIS 講習会が受講できます。

特長③ Q&A、製品サポートが含まれます。
web による Q&A と技術サポート。

特長④ 1 年超過後は、保守料金のお支払いで引き続きご利用いただけます。 問題解決に必要とお考えの場合は、ご利用ください。

■ 対象者
都道府県、および市町村(関連機関も含む)の自治体職員

■ 募集期間
随時募集しております。

■ お申込みからプログラム利用までの流れ
こちらよりお申込み下さい。
②担当者よりご連絡いたします。
③ESRIジャパン内にて審査を行います。
④プログラム利用開始
⑤トレーニング受講
※①~④まで約 2 週間かかります。

■ 貸与物
最新バージョンの ArcGIS Desktop Basic シングルユース: 1 ライセンス
貸与対象エクステンション製品: Spatial Analyst、3D Analyst、Publisher
※必要な地図データ、ハードウェアおよび周辺機器は含まれません。

■ 貸与期間
貸与開始から 1 年間

■ 本プログラムに含まれるサポート
Web による Q&A 技術サポート

■ 本プログラムの採用条件
・プログラム期間中、GIS 講習会を受講していただきます。
  (講習会は東京、大阪にて開催:最大 14 日間まで)
   ※受講コースについてはお問い合わせ下さい。(リモートライブ は対象外) 
   ※講習会受講のための交通費・宿泊費などは参加者負担となります。
・プログラム終了後に簡単な報告書とアンケートを提出していただきます。
・上記の他に、各種イベント・セミナーにて発表、もしくは事例を掲載させていただく場合がございます。

  • リーフレットはこちらよりダウンロードできます。

自治体 GIS 利用支援プログラムの
お申込みこちら

Copyright© 2002-2018 Esri Japan Corporation. All rights reserved.
トップへ戻る